格安SIMはどうやって契約すればいい?具体的な契約方法まとめ

格安SIMはどうやって契約すればいいのか

いざ3大キャリアを手放して、格安SIMに乗り換えたい場合、どうやって格安SIMを契約したらいいのでしょうか。今回は詳しい契約方法についてまとめています。

格安SIMの契約の仕方を知る

格安simの契約の仕方を知る

スマートフォンは、現代人の情報ツールとして幅広く活用されています。スマートフォンを安く利用したい場合には、格安simを契約するのが良い方法です。

プロバイダなどのMVNOは、それぞれ様々な種類のプランを用意していますので、ユーザーの使い方によって、格安SIMのプランを選択していかなければいけません。

格安SIMは色々な契約方法がある

格安SIMの契約方法は、MVNOのオンラインショップで申し込む方法、大手家電量販店などでパッケージを買ってきて、オンラインでクレジットカードなどの情報を入力して開通作業を行なう方法などがあります。

クレジットカードを所有しているユーザーであれば、いずれの方法でも申し込みが出来ますが、所有していない場合は、銀行振替などが利用出来るMVNOを探す必要があります。

スマホセットでの購入もお得

また、SIMフリースマートフォンと格安simのセット商品である格安スマホを購入する時には、クレジット決済のみですので、この時もクレジットカードが必要になってきますので、注意しておかなければいけません。

クレジットカードを持っていると便利

様々な申し込む方法が用意されていますが、ユーザーがクレジットカードを持っている時は非常に便利な仕組みです。

一方で、クレジットカードを持っていないユーザーにとっては、申し込みに工夫が必要です。

格安SIMの料金を比較して契約する

格安simの料金を比較して契約する

スマートフォンやタブレット端末は、オンラインショップや大手家電量販店などで数多く販売されています。

非常に数が多く、それぞれプロセッサ性能や採用されているOSが違いますので、消費者にとって選択肢は非常に幅広くあります。

SIMフリー端末を最大限に活用するには、大手キャリアの割高な回線プランを選択するよりも、格安SIMを活用した方がリーズナブルにスマートフォンを使えます。

格安SIMの最大のメリット

格安SIMの最大のメリットは、月額料金の安さです。

10GBなどの容量のプランでも月額3千円以下となっていますので、大手キャリアの回線プランよりも大幅に安い料金でサービスの利用が可能になります。

MVNOそれぞれが、色々なプランを用意していますので、消費者は、比較検討をして契約を行っていく事が大切になってきます。

通信速度が違い、無制限プランでは、速度が制限されていますが、大手キャリアの速度制限時と比べますと、高速ですので、メールやSNSなどへの投稿やサイト閲覧などの利用には十分な速度を持っています。

動画を視聴する場合容量の多いプランを

動画を視聴する事が多い場合には、容量の多いプランを選択すれば便利です。

最大容量のプランでも、大手キャリアより安く使えますので、ランニングコストを抑えられます。

格安SIMを未成年が契約する方法

格安simを未成年が契約する方法

未成年が格安SIMを手に入れるためには身分証明書などが必要になるのですが、収入がなければ契約することができないので、支払い能力のある両親が代わりに契約をする必要がありますが、格安SIMにはプリペイド式のものがあるので、これを利用することで未成年でも格安simスマートフォンを利用できるようになります。

プリペイドでの支払いについて

プリペイドというのは先払い制のことで、利用する前に料金を支払わなければならないので、未払いの心配がありません。

基本的にはプリペイドの場合は審査の必要はないのですが、日本ではプリペイド携帯電話を利用した犯罪が行われた過去があるので、個人情報の確認は行われています。

プリペイドのSIMの購入方法

海外の場合は自動販売機などでSIMカードが販売されているので、購入することができれば誰でもプリペイドのsimを利用することができるようになっています。

プリペイドのsimは3000円程度で手に入れることができるのですが、通信速度などは通常の契約と同じなので制限されている容量を超えなければ快適に利用することができます。

電話やSMSなどの制限はあり

電話やSMSなどの回数も決められていてそれ以上になると料金を支払って購入し直す必要があります。

しかし追加料金を支払ってもう一度使える場合もあります。

SIMサービスによっては通話かけ放題のプランなどもあるので検討すると良いでしょう。

格安simをデータのみで契約する

格安simをデータのみで契約する

最近家電量販店やテレビCMで頻繁に見かけるようになった格安simですが、データ通信のみの契約でも全く問題ありません。

データ基本料とオプション料のみ(SMS)を負担するだけで毎月維持する事が出来ますので、最も安い場合では600円程度で使う事も可能となっています。

動画閲覧でも大丈夫

600円の場合は200kbps前後の低速制限になるので通信容量が膨大になる動画閲覧やアプリダウンロード等にはあまり向きませんが、それよりやや高めの900円~1000円のプランなら高速通信分が3GB程度付与されますので一日数分~10数分なら容量を気にせず動画閲覧が出来ます。

データのみでのSIM契約

データのみで契約をする場合は090・080から始まる音声通話が出来ませんが、音声のみキャリアと契約して使うと1000円程度の基本料となりますのでデータと合わせても2000円強の維持費となり、大手携帯電話の維持費と比較すると5千円前後の携帯電話料金の削減につながります。

格安simを上手に活用すれば1家族4人が全員スマートフォンを使っている場合だとほぼ確実に1万円以上の節約になるので、毎月の通信費の負担が気になる方は一度格安simの運用を視野に入れてみると良いでしょう。

simの1ヶ月契約について

simの1ヶ月契約について

simを1ヶ月で契約するにはプリペイド方式のものが一番効率的でコストも低く抑えられるので、海外から日本に出張に来た人や、日本に旅行に訪れた外国人はsimを購入するときにプリペイドで契約をして利用することが多くなっています。

一般的な料金としては3000円程度となっているのですが、1ヶ月以上使用する場合にはまた契約をする必要があります。

通話時間はそれなりの量が使える

通話に関しては300時間から500時間程度可能になっていて、それ以上は課金をしなければ使用できません。

またSMSなどの機能にも制限があるので、たくさん利用する場合には注意をしておかなければなりません。

日本の場合は窓口で購入する

日本の場合には窓口で受け付けをするのですが、海外旅行の場合には自動販売機で購入できることがあるので、空港などに到着したら探してみると簡単に手続きできる可能性があります。

またいろいろなメーカーがプリペイド型のsimを販売しているのですが、それぞれ特徴があるので、スマートフォンの用途に合わせて一番コストパフォーマンスが良い物を選ぶことが大切です。

またデータ通信の品質については基本的にはLTEとなっていますが、容量を超えた場合には3Gになることがあるので注意が必要です。

容量を超える通知などは基本的にこないのでしっかりと月々の通信料を記録しておくこと。

mvnoの前払い契約について

mvnoの前払い契約について

mvnoの前払いの契約はプリペイド式のsimが用意されていて、一般的には先に料金を支払うので審査などが必要ないので短時間で手続きを完了させることができます。

mvnoでは海外旅行に来た外国人や出張で日本に帰ってきたユーザーなどに提供することが多いのですが、未成年が購入する場合もありますが、犯罪などに使用されないように本人確認が義務付けられています。

基本的な料金は2000円から3000円

基本的な料金は2000円から3000円程度ですが、事業者によって価格は違っていて、LTEが利用できるものや通話時間が長いものなどは高額になっています。

一般的なものは通話時間が500時間程度でSMSなどの回数にも制限があるので、これらの制限を超過した場合は追加料金を支払って継続して使用を続けるか、新しいプリペイド式のスマートフォンを購入することになります。

有効な期間は30日間

30日間有効となっているのですが、その前にデータ容量を超えた場合には通信の品質が低下するので動画の再生などが難しくなってしまいます。

Wi-Fiの使用が出来るので有効活用する

しかしWi-Fiの使用ができるので動画などで使用する場合にインターネットを無料のWi-Fiスポットで接続するとデータ容量を気にしないで使い続けることができるので、非常に便利です。

mvnoと契約する前に中古スマホを入手しておこう

mvnoと契約する前に中古スマホを入手しておこう

mvnoと契約する場合は、端末として中古スマホを先に入手しておくといいです。

では、どういうルートで入手出来るのかというと、まず、リサイクルショップで買うというのが挙げられます。

リサイクルショップで購入するメリット

リサイクルショップで入手するメリットとしては、状態を直接確認出来るということと、保証がついている場合があるということです。

スマホは稼働するパーツがほとんどないので、簡単に故障することはそれほどありませんが、たとえば雨に濡れたことがあるといったケースで中のパーツが錆びて壊れてしまうという可能性があります。

なので、保証がついているのは安心です。

ネットオークションでの入手方法

インターネットオークションでも中古スマホを入手することが出来ます。

オークションを利用するメリットとしては、リサイクルショップで購入するよりも安く買えるかもしれないということです。

オークションで購入する場合のメリット

オークションで購入する場合に注意することは、端末の支払いがきちんと終わっているか確認するということです。

出品者が、端末の代金を分割で払っていて、それを途中でやめて端末を出品したというケースでは、入手後にmvnoのsimを差して使っていても、途中で使えなくなってしまう可能性があります。

必ず支払いが終わっているものを落札するようにしましょう。

格安スマホの法人契約に関して

格安スマホの法人契約に関して

格安スマホの法人契約に関して、特に格安で運用出来るスマートフォンがあれば、会社として経営を行う事で、まずはsimカードを契約する事から、安いプランでインターネットにつなぐ事が出来て、そこで色々とビジネスマンが出先での営業に役立てる情報をしっかりとこの格安スマホ運用により行えれば、とても素晴らしい形で運用を行える事となります。

法人契約を結ぶ

こうした法人契約を結ぶ事となれば、やはりビジネスマンがより良い形での格安スマホ運用を行える事となり、そこで契約をしっかりと結ぶ事となります。

するとやはりスマートフォンをまともに契約する人の計算で言えば、3分の1以下の価格を下げて運用する事が出来る状況となります。

色々な状況を想定してより安いプランを活用する

法人契約でのsimカードのプランもやはり色々な格安スマホを利用する状況を考えながら、より安いプランを活用する事となりますが、やはり安いプラン設計を行える事では、法人としても考えながらスマートフォンの契約を行っていく事となります。

色々なプランを検討して安い料金を見つける

まずは色々とプランを考えた所で安い料金を見つけて行く事が重要となりますが、格安スマホの運用は現在では各社競争を行いながらより良い運用を進めていく形となり、安いスマートフォンのプランを提供してもらえます。

格安simサーチ