格安SIMが安い理由ってなんで?

格安SIMが安い理由ってなんで?

格安SIMは「格安」という名がついているくらいですから安いんだという事は分かりますが、大手キャリアと比べてどうして安くできるんでしょうか。今回はそこら辺の理由をまとめています。

通話やネットが安い格安sim

通話やネットが安い格安sim

大手の携帯電話会社でスマートフォンを契約しているという人がとても多くいます。

しかし、大手の携帯電話会社での料金プランはかなり高額ということもあり、最近では格安simを利用するという人がとても増えてきているのです。

格安simは通話もインターネットも安い料金で使用することができるという大きなメリットがありますので、携帯電話会社のプランから乗り換えるという人が多くなっているのです。

家族がスマートフォンを持つようになると、その分料金も増えていきますので、こういった格安simを利用することによって、月々の電話料金を安くする事ができるのです。

自宅でインターネットを契約しているという人で、自宅でしかインターネットを使用しないという人は、携帯電話会社の高額なパケット定額プランを契約するというメリットは全くと言っていいほどないのです。

特に主婦などは外でインターネットを利用するということがあまりないため、格安simを上手に利用することによって、月々の電話料金をグッと安く済ませることが可能になるのです。

自分がインターネットを使用する可能性のある場所まで電波が来ているかどうかということを調べてから契約することもとても大切になります。

mvnoの料金が安いのは仕組みが違うから

mvnoの料金が安いのは仕組みが違うから

mvnoは、携帯電話会社と契約してインターネットを利用するよりも、ずっと安い料金で使うことが出来ます。

なぜ、安いのかというと、仕組みがまったく違うからです。

まず、携帯電話会社の場合、回線は自前のものを利用しています。

しかし、mvnoの場合は、携帯電話会社から卸してもらった回線を利用しています。

そのため、たとえば携帯電話会社が100人で使っている回線を、1000人で使うようにするといった柔軟な運用が可能です。

たくさんの契約者に割り振って使うようにすれば、当然、契約者全員がフルスピードで回線を利用するということは難しいです。

そのため、回線スピードに上限を設けたり、あるいは、フルスピードで使える転送量に上限を設けたりしてコントロールしているわけです。

そういった仕組みから、mvnoのsimを利用するのに向いている人というのは、高速回線を使わなくてもいいようなネットの利用の仕方をしている人ということになります。

たとえば、ネットで動画を見るということはまったくなくて、メールのチェックだけ出来ればいいといった人です。

ただ、mvnoでは、携帯電話会社のメールを持つことは出来ないので、メール目的で利用するのであれば、フリーメールなどを別に取得する必要があります。

格安スマホが安い理由とは

格安スマホが安い理由とは

現在、大手の携帯電話会社でのスマホの使用料金は、プランにもよりますが、月々7000円〜8000円程度かかります。

そんな中、多くの会社から格安スマホが、発売されるようになって来ました。

格安スマホの使用料金は、月々2000円〜3000円程でスマホが使えます。なぜ、こんなに安くスマホが持てるのでしょうか。

理由の1つは端末の安さで、スマホの端末価格が大手のものよりも安いので、その分安くなります。

また、格安スマホおよび格安simを販売している業者は、仮想移動体通信事業者(通称MVNO)と呼ばれます。

MVNOとは、自社で通信回線を持たずに、携帯大手の会社から通信回線を借りて、通信サービスを行っています。

通信回線を借りることで、経費を抑えて、自社独自のサービスを行うことが出来ます。

そんな格安スマホには、デメリットもあります。まず、通信速度や月々に使える通信料に制限があります。

通信速度は、高画質の動画などを視聴するには向いていないでしょう。

1ヶ月に決められた通信量を過ぎると、急激に通信速度が落ちてしまいます。

そして、電話番号を持っていない機種も多く、キャリアメールも利用できません。

もしも、格安スマホに機種変更する場合は、事前に内容を調査しておきましょう。

格安スマホで安い通話専用端末を用意する

格安スマホで安い通話専用端末を用意する

外出先などでインターネットを利用する事は一般的になっており、オンラインサービスが充実してきた事によって、パソコンが無くてもいつでもどこでもサービスの利用が出来るようになっています。

SIMフリースマートフォンとして販売されている端末の種類が増えてきている事で、ユーザーの選択肢は増えており、ユーザーの用途に合ったスマートフォンを利用する事が可能です。

格安スマホは、格安simとSIMフリースマートフォンの組み合わせによって実現した商品であり、安い通話専用端末として利用したい場合には、適しています。

格安スマホとして購入出来る端末は、国内外の人気機種ですので、ユーザーの好みに応じて選択していけば良いでしょう。

キャリアでスマートフォンを購入・契約しますと、安い通話専用端末を入手する事は難しいです。

通話だけでなく、メール専用端末やサイト閲覧専用端末などを用意したい時にも、格安スマホは契約しやすい手段です。

格安スマホには、格安simの様々なプランが使えますので、容量毎に分かれているプランから、用途にマッチした容量のプランを選択していけば、データ通信でも使いやすい環境を構築出来ます。

MVNO毎にプランや通信速度が異なる事にも注目しておくと良いです。

楽天モバイルには安いプランがある

楽天モバイルには安いプランがある

スマートフォンの月々の料金を節約したいのであれば、楽天モバイルと契約すると良いでしょう。楽天モバイルの格安simサービスを利用すれば月々の利用料金を3000円から5000円程度カットすることができます。

 楽天モバイルの格安simには安いプランから高いプランまであります。安いプランは月々525円で運用できるプランで、データ通信しか行うことができません。

高いプランの場合は、データ通信の他の音声通信も行うことができます。

つまりカード1枚で電話までできるということです。また高いプランの場合、高速通信できる範囲が広いです。

安いプランの場合、2GB程度ですが、高いプランの場合5GBまで利用することができます。自分の用途にあったプランを選ぶようにしましょう。

楽天モバイルを利用するためには、ネットワークの設定が必要になりますが、これはとても簡単なので安心してください。

マニュアルが付属されているので、それを参考に設定を行えば、10分位で設定を終わらせることができます。スマートフォンの月額料金を少しでも減らしたいと考えているのであれば、楽天モバイルと導入すると良いです。

契約も設定もとても簡単なので、誰でも導入することができます。