MVNOで電話をする場合の注意点

MVNOで電話をする場合の注意点

MVNOでは当然の事ながら電話を使うことが出来ますが、その際には注意点があります。今までの電話番号を引き継いで利用することなども出来ますので、一度読んでおいて損はない内容になっているはずです。

電話番号付きのプランも選べるmvno

電話番号付きのプランも選べるmvno

大手携帯キャリア会社では、スマートフォンの普及により、料金プランの大幅な変更が実施されました。

それにより、今までの使い方では使用料金が大きく増えるという人も多く、通信費が毎月の家計を圧迫しているということも少なくありません。

こうした大手キャリア会社のプランに対し、格安でスマートフォンを利用できる、mvnoのサービスが近年大きな注目を集めています。

これは通信会社各社が、大手キャリアの持つ通信網をレンタルする形のサービスで、格安の料金ながら対応エリアや通信品質が大手のものと遜色ないのが利点です。

データ通信のみを行なうことができるプランも用意されているので、従来のキャリアのガラケーと、mvnoによる格安スマホの2台持ちをする人も多くいます。

しかし、こうしたデータ通信のみのプランだけでなく、電話番号が貸与され、今までの携帯電話と同様に音声通話が可能なプランもあります。

データ通信のみのプランに比べ若干料金は高くなりますが、それでも大手キャリア会社の料金に比べると格安です。

mvnoを利用するには、各社がセットで販売しているsimフリーの端末を利用する方法もありますが、カードに対応しているならば、これまで使用してきたスマートフォンをそのまま利用することも可能です。

simカードを入れ替えるだけで使用出来、MNPを利用すれば以前の番号をそのまま使用出来るのも利点です。

格安simで電話を利用する

格安simで電話を利用する

現在の日本では電話における契約会社やサービスは多岐にわたるものになっています。

そして、そのサービスを上手に利用するために最近話題になっているsimを利用するという選択肢があります。

まずsimとは何かといいますと、スマホやケータイに必ず挿入されているICチップのことです。

これがあると、データ通信や音声通信を行うのに必要な記録ができます。そして、この規格が合うと複数の端末に差し替えて利用することができます。

そして、現在国内で流通しているカードは大手携帯電話会社が提供しています。

次にこのsimカードを使って電話をお得にする方法を、大手携帯電話会社では主に料金を支払ってロックを解除し、他の通信会社へ契約変更することが可能です。

また、その際にはいろいろなやり方がありますがそのひとつが、音声通話をそのままにしたい場合にはMNPにしたいと現在契約しているショップに言えばその番号が発行されて番号はそのまま契約は新しくするという形になります。

また、番号も不要という場合には解約したいと言って格安simを追加するという形をとることが出来ます。

そして、カードを変更した場合はその初期作業を自分で行わなければならないのでサイトや説明書などを読んで入力作業を行います。

電話番号がそのまま使える格安スマホ

電話番号がそのまま使える格安スマホ

携帯電話のキャリア変更の際にナンバーポータビリティと言って、現在使用している携帯電話番号をそのまま使用することができるというサービスを利用するという人がとても多くなってきています。

携帯電話の番号をそのまま使用することができるということはとてもメリットが多く、キャリア変更のたびに番号が変わってしまっていては、仕事に支障が出てしまうという人も多くいますし、友人に教えるのが面倒という人も多いので、こういったサービスを利用する人が増えているのです。

最近では大手携帯電話会社から、格安スマホに乗り換えをするという人が増えてきているため、このナンバーポータビリティという制度が格安スマホでも使用できるようになってきているのです。

音声通話プランを契約していれば、simカードのみの購入でもこのサービスを利用することができるため、月々の支払金額を安く済ませることができるということから、利用する人がとても多くなってきているのです。

端末を変えてしまうと料金がかかってしまうため、現在使用している端末でsimカードを入れ替えたいと考える人がとても多いので、自分の端末で使用することができるようなカードを探しているという人も多いのです。

楽天モバイルならば格安な価格で携帯電話が持てる

楽天モバイルならば格安な価格で携帯電話が持てる

携帯電話やスマートフォンは、様々な機能もあるので便利なものです。

通話だけでなく、GPSや様々なアプリを使うことによって、PCのように多機能になりますし、持ち運びが出来ることもあり多くの人が利用しているのです。

毎月掛かる通話料や基本料も高いものですが、携帯やスマートフォンの本体価格は高いので負担になってしまうこともあるのではないでしょうか。

お得なキャリアに変えたいけど、本体価格で諦めてしまっているならば、楽天モバイルを検討してみても良いかもしれません。

楽天モバイルは携帯電話を利用するために必要なsimを購入するだけで、今使用している本体をそのまま利用することも可能です。

もちろん、昔使っていた機種を再利用する事も可能です。

しかし、全ての機種で利用できるか確認しているのではありませんので、確実に利用できるかどうかはインターネットのサイトなどで確認する必要はあります。

また、simも使いたい機能で選ぶことも可能ですし、3つの規格から選ぶことも可能です。

どの機能を利用したいかで、料金が変わってきますが、どれもお得な価格帯になっています。

2台目の携帯電話を持ちたい人や、格安でスマートフォンを持ちたい人は、楽天モバイルを調べてみたら、イメージに近い料金が見つかるかもしれません。

NifMoで国際電話をかけた場合

NifMoで国際電話をかけた場合

『もし、あなたの家が火事になったなら、何を家から持ち出しますか?』と聞かれたら、持ち出す物の中に携帯電話は必ず入っているでしょう。

携帯電話は生活の中で必需品です。休日に携帯電話を家に忘れて買い物に出かけたとしたら、買い物どころではありません。

携帯電話があると、どこにいても連絡が取れるというのは便利な事です。今の携帯電話は、海外でも使えるものがほとんどです。

例えば、海外旅行中に具合が悪くなった時、手元に携帯電話があると便利です。

また、日本にいる家族や友人からの電話を受けたり、こちらから日本にかけたり出来るのも便利な事です。

では、海外において携帯電話を使うにはどうしたらいいのでしょうか?例えば、NifMoの携帯端末を取り上げてみましょう。

海外から日本に国際電話をかけるには、『+81』を押して市外局番の0を抜いてかけます。通話料は旅行先の国によって異なります。

はっきり言えば高額です。ですので、NifMoの携帯端末を持っているならば、そのNifMoのsimカードを抜いて現地のsimカードを差して使用する事をおすすめします。

そうするならば、日本への国際電話をかなり安い料金でかける事が出来ます。

NifMoの携帯端末は、分割で購入する事も出来ますので検討してみられませんか?

u-mobileで国際電話はかけられるの?

u-mobileで国際電話はかけられるの?

u-mobileでも、国際電話はかけられます。対応エリアはドコモのサービスエリアで、通話料金はドコモと同様です。

国際ローミングサービスの限度額は5万円で変更できません。

国際ローミング、国際電話は無料オプションとなっており、開通時に自動的についていますので手続き不要です。

通話アプリ「U-CALL」を利用すると、国際電話の通話料も格安になります。

U-CALLはu-mobile利用者が利用できるアプリで、相手側にはアプリインストールの必要はありません。

基本料無料で、登録手続きなど一切なく、ダウンロードして起動するだけの簡単操作です。

国内ならどこにかけても30秒10円と半額になりますが、国際電話もお得です。

たとえば、アメリカなら平日昼間30秒34円のところU-CALLなら10円、韓国は平日昼間30秒57円のところU-CALLなら12.5円です。

IP電話とは違って電話回線を使用するため、途切れの無い、クリアで高品質な音声で通話できます。

ただし、海外ではU-CALLを利用できませんので注意しましょう。

また、U-CALL使用の際には、u-mobile通話プラスに契約中のsimカードを挿入する必要があります。