格安SIMカードの大きさの違いや入れ方について

格安SIMカードの大きさの違いや入れ方について

格安SIMを利用する際にはsimカードと呼ばれる小さなカードを購入し、simフリーのスマートフォンに挿入して使用します。今回はSIMカードの大きさや種類についてまとめています。

格安simカードとインターネット

格安simカードとインターネット

最近はスマートフォン・タブレット端末を仕事やプライベートで活用する方が大変増えています。

それに伴い様々なサービスも新たに登場しています。

最近では大手通信会社に対抗する商品として格安simという商品も販売されてます。

このサービスは音声通話や毎月のデータ量に一定の制約を設ける事で料金を大幅に安くしています。

スマートフォンをそれ程頻繁に使うわけではないユーザーの方には、最適な商品です。

多くの方は、電話とメール、インターネットの閲覧を若干する程度です。

格安simはデータ通信料金が安いのが特徴です。

その分、毎月、高速で使用できる量は制限されています。

しかし、インターネットの簡単な閲覧ぐらいではそれほどの容量は使用しません。

最低プランでも充分利用できる月もあります。

想定外に自分が利用するという事がわかればその時にプランの見直しをすればいいだけの事です。

スマートフォンん初心者の方や、基本的に保有しているのみという方。

また2台目として保有されるという方、多くの方のニーズにマッチした商品です。

近いうちに現在保有している携帯電話の契約満了が近い方は、この機会に格安simを検討してみるのも良いのかもしれません。

simカードの違いに関して

simカードの違いに関して

各社色々なsimカードを作っているのですが、それぞれ携帯電話に挿入出来る大きさなども異なったりする事があり、そこでsimカードなどでも違いが現れる様です。

まずは要領の部分に関しても一日に使用出来る制限があり、そこで利用して行く形であれば、やはりそれなりに利用しているsimカードは、その人の利用する条件に合わせた形で利用をする事が望まれていて、まずはこうした形で他社のsimカードの料金プランなどとの比較により多少の違いがあれば、有利な条件で加入して行く事が求められ、安く加入する事が出来る条件で探してみれば、それなりにスマートフォンの節約を行っていく事が出来ます。

その事に関してはやはり色々な業者が算入している通人事業を比較する事が重要であり、そこで見えてくる所もやはり多くなっていて、しっかりとした形でより良い通信費の運用を行える事が利用者にとってのsimカードの活用となり、各社が競い合っている金額での違いに関して考えても、やはりメリットのある取引をおこなえる事であれば、毎月の通信費の節約を行う事が出来る様です。

まずは色々な業者の料金プランの違いを調べてみながらより良い条件での加入が求められます。

simカードの大きさと入れ方に注意

simカードの大きさと入れ方に注意

格安simカードを購入した場合、カードの大きさと入れ方に注意しないとなりません。

まず大きさですが、カードには3種類のタイプがあります。

タイプは標準タイプとmicroタイプとnanoタイプに分かれています。

スマートフォンによって差し込める大きさが違うので、購入する際は注意をしましょう。

もし大きさを間違えてしまった場合は加工することもできるので心配する必要はありません。

大きい場合は専用のカッターを使って小さくすることができ、小さい場合は専用の枠にはめ込むことができます。

次にカードの入れ方についてですが、これは向きに注意をしましょう。

simカードの向きは決まっているので、間違って挿入をすると通信することができません。

また向きはあっていても傾いて挿入した場合も通信することはできません。どちらも購入後に起こる問題なので、気を付けてそして落ち着いて作業をしましょう。

たしかにsimカードは小さく非常に脆く見えますが、実際はそんなことはありません。

ちょっとのことで破損することはないので、もし間違えたのであれば、速やかに修正すると良いです。

挿入後に通信できないなと思ったら、まずはカードの入れ方を確認しましょう。

simカードの再発行時における注意点

simカードの再発行時における注意点

simカードは複数の対応端末を使いまわす際や海外での利用に便利な仕組みであり、契約したカードをスマートフォンなどの携帯端末へ装着するだけで通話とインターネット接続を実現します。

しかし、端末側ではなくsimカードに対して契約を行う為、カードを紛失したり盗難被害にあった場合は再発行の手続きを行う必要性が生じてきます。

流通しているカードは非常に小型な設計のものも存在するので、紛失しないように日頃から気をつけておく事が求められます。

まず、simカードを盗まれた可能性が考えられる状況下においては、不正利用を防ぐ目的で契約していたカードの回線停止を最優先で実施するべきといえます。

これはsimカードの特性となっている対応端末へ装着すればすぐに使える点を考慮した対策であり、盗まれたカードは盗難者の保有端末で利用できてしまう危険が想定されるので、早い段階で実施しなければなりません。

一部のロック機能を搭載しているsimカードであれば、予めロックを掛けておくと盗難時の被害を抑える効果が期待できるので有効な対策とされます。

また、カードの再発行は手数料を必要とする例が多く、契約キャリアごとで価格は異なりますがおよそ2千円から3千円程度の出費となります。

格安simカードの接触不良が起きた場合

格安simカードの接触不良が起きた場合

格安simカードをスマートフォンに挿入してもネットワークに接続できない場合、接触不良の可能性があります。

そうなってしまった場合、もう一度カードを挿入しなおしてみましょう。

さらにネットワークの設定をもう一度行いましょう。

もしも、それでも接続できない場合は、カードの交換が必要になります。

格安simカードを提供している会社のホームページへアクセスして、手続きをしましょう。

会員ページにアクセスをして手続きを行うことになるのですが、その時アカウント名とパスワードが必要になります。

もし忘れてしまった場合、パスワードの再発行も行いましょう。

新しいカードは手続き終了後1週間以内に到着します。

到着したカードは利用しているスマートフォンにそのまま挿入するだけで良いです。

再設定の必要はなく、そのまま利用することができます。

simカードはスマートフォンの落下や衝撃によって破損する場合があります。

破損をしても使い続けることができる場合もありますが、それはあまりおすすめしません。

スマートフォンに影響を及ぼす可能性があるからで、すぐに交換をしましょう。

格安simカードを使い続けるためには、日頃のメンテナンスが重要となるのです。

simカードの本人確認について

simカードの本人確認について

simカードとは、電話番号を特定するため割り振られた固有のID番号が記録されたICカードのことです。

このsimカードを抜き差しすることで、他人の携帯電話で自分の電話番号を使用できたり、一つの携帯電話でいくつかの電話番号を使用することが可能になります。

そのため、自分の携帯電話に他人のsimカードを差し込めば、その人のふりをすることができます。

携帯電話の利用履歴はsimカードの持ち主のもので、かつ使用料金はすべて持ち主の負担になります。

詐欺などの犯罪でそういった事が増えています。

今や国民の多くが携帯電話を持っている時代ですので、そういった犯罪が増えて社会問題となっています。

そういった犯罪を防ぐ観点から、携帯電話不正利用防止法という法律があり、この中で本人確認を義務付けています。

携帯電話事業者とレンタル業者は必ず本人確認をしなければなりません。

確認するものとしては、免許証やパスポートといった顔写真付きの公的身分証によってなされます。

携帯電話を契約する際に、店頭で本人確認を求められるのはこのためです。

顔写真付きの公的身分証がなければ、保険証などの身分証にプラスして住民票や公共料金の領収書が必要な場合があります。

simカードの有効期限について

simカードの有効期限について

旅行の間だけスマホや携帯電話が使いたいと思っても、大手キャリアと契約すると高額な費用を支払うことになるので嫌だという人もいます。

それに大手キャリアは契約すると2年縛りがあるので、簡単に解約できないのであまり契約したくないという人もいます。

そんな時に利用すると便利なのが、プリペードタイプのsimカードです。

プリペードタイプのsimカードは、あらかじめデータ量と有効期限が決められています。

データ量をすべて使い切るか、データ量を全て使い切らなくても有効期限が切れれば、そのプリペードタイプのsimカードは使えなくなります。

しかし、有効期限が切れた後でも使いたい場合は、リチャージすれば有効期限の延長とデータ量の追加ができます。

いちいちリチャージするのは面倒だという人は、格安simカードを購入してスマホやタブレットに挿入し使うといいでしょう。

大手の通信キャリアに比べると、半分以下の価格で利用できるのでとても人気があります。

格安simはLTEに対応しているので、動画などのダウンロードもストレスを感じることなくおこなえます。

データ通信に機能を絞ったものなら、月額500円以下で利用できるカードもあるので学生が多く利用しています。

格安simカードは複数の端末で使い回しできる

格安simカードは複数の端末で使い回しできる

新しいスマートフォンやタブレット端末に買い替える際に、古いスマートフォンやタブレット端末の処分に悩まれている方は少なくありません。

契約が終了しているスマートフォンやタブレット端末はWiFi環境で使用する事が可能ですので、そのまま処分してしまわないように注意しましょう。

また最近では格安simカードなどを提供する通信会社が増えており、またスマートフォンやタブレット端末のsimロックを解除する事が可能になりました。

その為携帯会社で購入したスマートフォンやタブレット端末でも他社のsimカードを使用して利用する事ができるようになっており、各携帯会社でもsimロック解除の手続きについて説明をおこなっています。

格安simカードは携帯会社で契約するよりも通信料などが安く、また解約料なども発生しない通信会社が多いです。

またカードのみの契約になりますので新しくスマートフォンを購入しなければならないという事もなく、お手持ちの契約が終了しているスマートフォンやタブレット端末の使い回しが可能です。

少しでもスマートフォン料金を安くしたいと思われている方は是非1度契約を検討してみてはいかがでしょうか。

また通信会社のサービスであっても携帯会社と同じ電話番号を取得する事が可能です。

格安simサーチ