格安SIMと端末をセットで購入する方法

格安SIMと端末をセットで購入する方法

格安SIMを契約する場合はデータSIMのみを契約する方法と端末のみを契約する方法の2パターンがあります。中でもやはり端末とセットで契約した方がお得ですが、今回はセット購入の方法についてまとめています。

端末とセットの格安simに乗り換えよう

端末とセットの格安simに乗り換えよう

格安でデータ通信ができる格安simを知っていますか。月々の料金が大手携帯キャリア会社の半額以下ということで、格安スマホに乗り換えたり、格安スマホでスマホデビューする人も急増しています。

格安スマホ業界に参入する会社が増えることによって価格競争となり、最安値が下がっているのも魅力です。

今まで使っていたスマホ端末をそのまま使い、格安simだけを契約すれば、月々の料金は1,000円以下におさえられます。

格安simカードとスマホ端末とのセットプランを選んだ場合でも、最安なら月々2,000円以下の料金で、スマホデビューすることができます。

格安simは、高速データ通信量によって料金が異なります。

業界最安といわれるDMMmobileの「毎月1GM」プランの場合、データ通信のみなら660円、SMSつきのセットなら810円、音声通話もセットにしたsimなら1,260円となっています。

使いきらなかった1GBは翌月に繰り越せますし、使い切った後は通信速度は制限されるものの、アプリのダウンロードや動画の再生などを除けば、たいていのアプリは使えますし、LINEのやりとりなども問題ありません。

格安simで、快適なスマホ生活をスタートする人が増えています。

格安simと端末のセットを購入する

格安simと端末のセットを購入する

スマートフォンを利用したい時、従来であれば、大手キャリアのショップで回線契約と端末購入を行なう事になりましたが、近年では、格安スマホという買い方が浸透しつつあります。

格安simとスマートフォンをセット販売している格安スマホは、人気の高い国内外の機種を格安料金で利用出来るのが魅力です。

格安simを使う事によって、ランニングコストを大幅に抑える事ができ、音声通話付きプランを選択すれば、データ通信料を抑えながら、音声通話を定額で利用出来ますので、お得にスマートフォンを使えます。

格安スマホを購入する事で、外出先でのモバイルインターネットの利用が行い易くなります。

対応している端末は、軽量で使いやすいサイズとなっていますので、ポケットなどに収納しやすく、いつでも取り出して使える環境を整える事が出来ますので重宝します。

格安simのプランは、月に利用出来る容量によってプランが設定されていますので、必要に応じたプランを選択していくと良いでしょう。

格安でスマートフォンを利用する手段として、格安simは、多くの人々に重宝するサービスであり、既にキャリアのプランを使っている人でも、別途利用する端末用の回線として確保しておいても良いでしょう。

楽天モバイルの端末セットについて

楽天モバイルの端末セットについて

ガラケーからスマホに替えたいと思っていても、大手キャリアのスマホは価格が高いので、なかなか買い替えられないという人も多いです。

スマホは価格も高いですが月額料金も高い事が多く、相当の出費を覚悟しなければいけません。

もっと手頃な価格でスマホを楽しみたいというならば、格安スマホや格安simがおすすめです。

スマホの本体が安いだけでなく、月額料金も大手キャリアの3分の1くらいですみます。

通話は必要ないという人は、データ専門もカードを使えばかなりリーズナブルな料金でインターネットが楽しめます。

最近は楽天モバイルを利用する人が増えてきました。楽天モバイルは、ドコモのネットワークを使っているので高品質でインターネットや通話が楽しめます。

端末セットなら、スマホとsimカードが低価格で購入できるのでかなりお得です。

簡単な設定で、すぐにインターネットや電話が使えるのもすごく助かります。

楽天モバイルは、いろんなニーズにあわせてプランを選ぶことができます。

メールだけならベーシックプランで、音楽や動画を頻繁に楽しむ人は5GBパックプラン、スマホでネットやデザリングを楽しみたいなら10GBパックプランを選ぶといいでしょう。

どのプランも初月料無料なので、お得にスマホが始められます。

NifMoの端末セットについて

NifMoの端末セットについて

NifMoではsimのレンタルサービスの他に端末セットも販売しています。

NifMoなどmvnoではsimカードのレンタルのみに対応している場合が多いですが、NifMoではロックフリー端末を販売しています。

しかも、提供している端末は最新機種ばかりです。

NifMoで利用できる端末はNTTドコモのLTE回線に対応した機種となります。

NTTドコモでは多くの端末を販売しているので中古市場でも選び放題ですが、一部の端末ではテザリングができなかったり、古いLTEの規格であるなど端末に詳しくない方には選択が難しいようです。

また、海外製の端末も利用できるので購入する方も増えていますが、海外で販売されている端末では、NTTドコモのLTE回線で使われている周波数をすべて使えない端末も多くあります。

NifMoでは端末選びで苦労する方向けにも最新機種が欲しい方にも満足いただけるように端末セットを提供しています。

端末セットではオプションを購入することで2年間訪問して使い方や設定を手伝ってくれるサービスを提供したり、壊れた際に修理を無償もしくは格安で行ってくれるサービスも用意しています。

端末選びは楽しくもありますが、端末よりもサービスを使いたい方には面倒な部分です。

端末セット販売はいろいろな方にメリットのあるサービスになっています。

u-mobileの端末セットについて

u-mobileの端末セットについて

u-mobileの端末セットは4種類あります。まず1種類目は、7.9mmの薄さとAndroid4.4対応の「Ascend Mate7」です。

この端末は、ディスプレイが6インチあるので動画を見る時など迫力があります。

そして2種類目は、スマートフォン端末を買うのが初めての人でも使いやすい「ZenFone 5」です。これは操作が簡単ですので端末に慣れていない人におすすめです。

つぎに3種類目ですが、シンプルなデザインなのに高画質インカメラが搭載されている「Ascend G6」です。

自分撮りが好きな方はこの端末で撮影するならば、魅力的な写真を撮ることができます。

最後に4種類目は、コンパクトなボディなのに高性能なスマートフォン端末の「priori2」です。

この端末は重さが132gなので非常に軽いです。さらにデュアルsim仕様なので使い方が広がります。

以上の4機種の端末セットから選ぶ事が出来ます。共通して言えるのは、端末を一括購入することもできますが、分割払いで購入することもできるという点です。

契約するu-mobileのsimプランが、通話プラスプランなのかデータ専用プランなのかによって、月々の料金が異なってきますが、今までのキャリアの携帯代に比べれば格安な料金になることは間違いありません。

DMM mobileの端末セットについて

DMM mobileの端末セットについて

DMM mobileはsimのレンタルサービスなので基本的には端末は利用者自身で用意することになります。

ただし、DMM mobileでは推奨端末として販売もしています。端末の販売は他のmvnoやキャリアでも行っていますが、端末セットで販売する際にDMMのポイントとしてキャッシュバックするサービスがたいへん好評です。

DMMは動画やオンラインゲームがたいへん好評な会社ですから、そこで使えるポイントはとても価値があります。

DMMのポイントがもらえるからmvnoとして選んだという方も少なくないようです。

販売している端末は最新機種がが多いですが、値段を下げた端末も用意されており、オークションで中古の端末を買うよりもDMM mobileから買ったほうがよいと考える方も多いようです。

DMM mobileでは端末は自由ですが、最低限、NTTドコモのLTE回線が利用できることが条件です。

また、LTE回線には複数の種類があるので要注意です。

例えば75Mbpsまでしか対応していない端末を利用した場合には、150Mbpsに対応した端末よりも同一地域で通信速度に差があることが多いです。

これは通信時のエラー補正等がより高速通信に対応している方が優れているからと言われています

uq mobileの端末セットを利用すれば

uq mobileの端末セットを利用すれば

up mobileは、格安スマホとよばれsimカードをスマートフォンに差し込むだけで高速通信サービスを利用することができるもので、auの回線を利用して高速通信を楽しむことができるので、安定した電波を利用することができるだけでなく、月々の利用料金もとても安いので通信料金が高くて何かいい節約方法がないかと探していた方や、これから高速通信サービスを利用してみたい方にとてもおすすめな方法のひとつです。

格安スマホといえばuq mobileでSIMかーどのみの契約を行い、スマートフォンなどの端末を中古品などを自分で購入して準備したり、以前使用していたスマートフォンの端末を利用することで端末を購入すること必要がないことから、月々の利用料金をさらに安くすることができます。

格安スマホとよばれ人気がありますが、対応している端末を準備できなかった場合などでも、uq mobileではsimカードのみの契約だけではなく、端末セットの契約もすることができるので、uq mobile専用の端末を使って高速通信サービスを利用することもできます。

専用の端末であれば、新しい機能を利用することができ、新品なので故障などのトラブルもなく、利用することができます。

ocnモバイルoneの端末セットについて

ocnモバイルoneの端末セットについて

今や生活の中で、携帯電話は必需品と言えます。時代の変化と共に携帯電話の端末の主流も、折り畳み式携帯のガラケーから、タッチスクリーン式の携帯のスマートフォンになっています。

以前は3大キャリア端末を使っている人がほとんどでしたが、今ではmvnoと呼ばれる会社からも端末を買う事ができる様になりました。

インターネットで、簡単に契約から購入まですべて行える為、利用したいと思う人は多いはずです。でも、一体どんな端末があるのでしょうか。

例えば、ocnモバイルoneの端末セットについて取り上げてみますと、3種類の端末セットがあります。

1つ目は、音声対応simとセット購入が可能な端末です。

この端末セットは、LTE通信対応ですので、最高150Mbpsの高速通信を行なう事が出来ます。

2つ目は、データ通信専用simとセット購入が可能な端末です。

この端末は、LTE対応と3G 対応の2機種から選べます。

3つ目は、WiFiルーターです。こちらはLTE対応ですので、外出先で自分のPCを、高速通信環境のもとで使用出来ます。

ocnモバイルoneは、インターネットプロバイダのocnのサービスですので、アフターサービスもしっかりしています。

ocnモバイルoneを検討してみてはいかがですか。

hi-hoの端末セットを利用しよう

hi-hoの端末セットを利用しよう

スマートフォンを新しく持ちたいけど値段が高くて手が出ないという人は多いでしょうが、近ごろ普及し始めたMVNOと呼ばれる仮想移動体通信事業者と契約することで、格安にスマートフォンを持つことができます。MVNOの中でもおすすめなのがhi-hoです。

hi-hoはスマートフォン2種類とタブレット1種類の計3種類の端末とsimカードのセットのコースが用意されています。

そして、その端末料金は2000円から3000円の間で非常に割安となっており、端末にあまりこだわりがない人にとっては魅力的なサービスとなっています。

また、1か月の通信量は3GBも可能であり、また通信速度は下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsもあり、多くのデータ量を通信する人でなければ十分すぎる通信条件となっています。

また、スマートフォンについては音声通話にも対応しており、メイン端末として使うには十分となっています。

さらに、プラットフォームはAndroidの4.4.2や4.4など非常に新しいモデルとなっており、端末そのものも魅力的なラインナップになっています。

このように、様々な魅力的な条件のそろっているhi-hoの端末セットコースは、スマートフォンの利用を検討している人にはおすすめのサービスです。

mineoの端末セットについて

mineoの端末セットについて

mineoはsimのレンタルをしているMVNOですが、端末セットも販売しています。

端末セットはキャリアがよくやっていることですが、mineoで販売している端末はキャリアでの販売端末とは違い、ほぼメーカー出荷状態であり、追加のアプリが入っていないのが最大の特徴です。

また、殆どの場合、SIMロックが行われていないのでいろいろな場面で利用できる端末でもあります。

価格はロックが無いだけに若干高めに設定されていますが、海外で現地の通信キャリアの利用を考えているなら買って損はありません。

mineoで販売されている端末はモバイルルーターだけではなく、スマートフォンも販売しています。

ただし、どの端末を購入した場合でもAPNの設定は自身で行う必要があるので注意が必要です。

APNの設定はAndroidであれば「設定」から行えますし、ルーターの場合は専用アプリが入っていますのでPCやMac、スマートフォンでも設定することができるようになっています。

設定は難しいと考える方も多いようですが、ウェブには分かりやすい説明がありますし、インターネット上にもさまざまな機種でAPN設定をした実例が報告されているので、苦労せずに設定できたという方が多いです。

格安simサーチ