DMM Mobileの価格と安さの秘訣について

DMM Mobileの価格と安さの秘訣について

DMMといえば動画のイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、DMM Mobileは月額料金をかなり抑えられると人気の格安SIMです。今回はそのDMM mobileの価格帯と安さの秘訣についてまとめています。

DMM mobileの価格について

DMM mobileの価格について

DMM mobileの各種プランの価格は他のmvnoに比べてもかなり割安な設定となっています。

DMM mobileではsimをレンタルするので端末は自身で用意してもいいですし、DMM mobileが個別に売っている端末もあります。

simレンタル型のmvnoではデータ通信プランを特に重点的に価格を下げることが多いようです。

データ通信プランで重要なのは通信量の上限と価格の関係です。

mvnoの多くは1GBから通信量を設定し、7GB程度まで順次価格を上げるプランを用意していますが、DMM mobileでは10GBまで対応し、さらに、その間のデータ通信量プランも安く設定しています。

どの容量を選んでも最安値であると言われています。また、カードは複数契約できますので、通信量をシェアすることも可能です。

通信量のシェアはキャリアでも行わていますが、DMM mobileでのシェアは特別なオプション契約を必要としません。

また、指定データ通信プランもないので分かりやすく、安いと言われています。

同一契約者で3枚までカードが持てますので、家族間でシェアする方や、複数端末に1GBづつデータ通信プランを契約してバッテリーが切れるごとに端末を切り替えるという使い方をする方も増えているようです。

DMM mobileは本当に安いのか

DMM mobileは本当に安いのか

DMM mobileはNTTドコモの高速LTE回線を利用したMVNOですが、速い回線と安い料金を売りにしています。

得にデータ通信プランが1GBから10GBまで幅広く用意されていることもあり、他のmvnoよりも条件がとても良いので、本当に安いのか疑っている方も多いようです。

DMM mobileについて言えば謳い文句に偽りはありません。simのレンタルのみのサービスに特化していることもあり、無駄なコストがかかっていないためか、利用者はウェブから簡単に申しこんで、数日後にはsimが届き、すぐに高速通信可能です。

料金については10GBまで用意しているのですが、個人では使えないと考える方も多いようです。

しかし、DMM mobileではカードを複数枚発行可能です。

家族で利用したり、複数の端末を利用するなどデータ通信量をシェアすることでさらにトータル料金を下げることに成功しています。

また、とにかく安く使いたいという方には1GBをおすすめしています。

1GBというデータ通信量は1ヶ月使うには心もとない通信量ですが、上限まで利用しても200kbに速度が制限されるだけです。

LINEやTwitter、Facebookなど、テキストコミュニケーションが主たる利用方法なら200kbの制限速度でも十分使えると言われています。

DMM mobileのプランと通信量

DMM mobileのプランと通信量

スマートフォンの普及がすすむ中、気になるのが毎月の利用料金です。

できるだけ安くしたいと考える人は多いのは事実です。そんなニーズにこたえるように最近話題になっているのが格安simです。

これはsimと呼ばれる回線情報が入っているカードでこれを交換することでその業者の回線に変更する方法です。

最近このようなカードを販売する業者が増え、いろいろな種類もあり何をポイントに決めればよいか悩んでしまうことも多いのです。

こういった状況でDMM mobileは最安値というわかりやすいキャッチフレーズで注目されているのです。

どこの業者もそうですが、まず利用するためには端末が対応しているか調べることです。

これはインターネットなどで情報が公開されているので、自分が持っている端末があればそれが使えるか調べることです。

DMM mobileの特徴として最安値だけでなく、プランを柔軟に選ぶことができます。

まずデータ通信プランと通話プランがあり、通信量も数種類あって自分がどのような使い方をしたいかによって選択しやすくなっています。

またDMM mobileには便利な機能も多くあり、余った通信量を翌月に持ち越すことができ、足りない場合は追加チャージも可能なのです。

DMM mobileでの通信容量の変更方法

DMM mobileでの通信容量の変更方法

DMM mobileではいつでも通信容量のプラン変更が可能です。DMM mobileでの通信容量の変更にはsimカードが必要なく、ウェブ上での設定のみです。

DMM mobileでは各種プラン変更やデータ通信量の購入用に専用ホームページが用意されています。24時間いつでも変えられますが、日付だけは要注意です。

プランは月ごとに設定されます。

プランを変える場合は毎月24日分までが翌月の1日から適用となります。

25日からのプランを変える場合は翌翌月に適用となるので注意が必要です。

また、新規契約の場合に契約はしたけどカードが届いたのは翌月だった場合もありますが、データ通信量は繰り越されますので無駄になりません。

また、契約した通信量を超えた場合に通信速度制限が行われますが、追加でウェブ上からデータ量を購入することができます。

通信量については複数枚のsimを契約した場合にシェアすることが可能ですし、余った分は繰り越されますので量が多めのプランにしていても無駄にならないと大変好評です。

プランを変えるタイミングは人によって違いますが、旅行で多めに使うとか、仕事が忙しくなるから通信量を減らす、TwitterやLINEがメインの利用方法なので通信量はそれほどいらないなど、利用シーンに合わせて賢く選ぶことが大事です。

DMM mobileの料金明細について

DMM mobileの料金明細について

DMM mobileは、格安スマホ業界最安値に挑戦しています。高速通信が毎月1GB使える最安のデータsimプランなら、なんと月々660円です。

料金明細の明瞭さも業界一といえるでしょう。

1GBでどれくらいのことができるかというと、メールのやりとりは20万通以上、LINEやスカイプなどの通話アプリを利用した電話なら31時間以上、WEBは4000回以上表示できますし、動画も7時間以上再生できます。高速データ通信のプランは1GBから10GBまで、業界最多の7種類。

通話とセットにしたプランなどもあり、様々なプランの中から選ぶことができます。

データ通信をどれくらい使うだろうかという目安や、電話を使うか使わないか、新しいスマホは必要か不要かなど、DMMのサイトから簡単に月々の料金をシミュレーションすることができます。

DMM mobileは、料金明細も明瞭です。

今まで使っていたスマホ端末を使っている場合、月額基本料とユニバーサル料と消費税、これだけです。

月額基本料は、データsimのプランによって決まります。

データ通信だけの場合は、1GBなら660円、3GBなら850円です。

通話もできるプランなら、1GBが1,260円、3GBが1,550円となります。

スマホ端末もセットで契約していて、分割で端末代金を支払っている場合は、端末分割支払金が加算されます。

通常は24回の分割で、最安スマホのAscend G620Sなら、月々わずか999円ポッキリです。

DMM mobileを利用して通信料をお得に

DMM mobileを利用して通信料をお得に

スマートフォンやiPhoneが普及する中で、モバイル通信に関する環境も大きく変わってきました。

またMVNOのモバイル通信サービスが増えてきているので、うまく契約することで、月々の料金を安くできるなどのメリットがあります。

DMM社もDMM mobileというモバイル通信サービスを開始しており、格安でモバイル通信が利用できるサービスを展開しています。

DMM mobileの通信プランを利用するためには、simフリーの端末を持つことが必要ですが、最近では最新機の機能を持ったsimフリー端末が増えてきてるので、簡単に使用することができるでしょう。

大手通信業者とプランを比べた場合、通信料が非常にお得になるのが分かると思います。

またDMM mobileでは業界最安値挑戦を高らかに宣言しており、なるべくスマートフォンを安く利用したい人にとっては、頼もしい味方と言えるのではないでしょうか。

また利用していく上での、サポートもしっかりとしており、水没や、落下による故障などの場合でも、端末交換オプションというサービスがあるので、ハードに使用することが多い人でも、安心して利用する事ができるでしょう。

気になるのが通信品質ですが、非常にクオリティの高い品質なので、通信で困る事も少ないでしょう。

DMM mobileの違約金について

DMM mobileの違約金について

DMM mobileとは、大手携帯電話会社のデータ通信網をレンタルしてインターネットや携帯電話サービスを提供している会社です。

従来であればスマートフォンや携帯電話を契約しようとすると、端末とsimカードをセットで購入しなければなりませんでした。

しかし、DMM mobileなどのMVNOはsimカードを単品で購入して、携帯電話やスマートフォンなどの端末は自分で購入することができます。

大手携帯電話会社のように月額の基本使用料も高額ではなく、自分の使いたいデータ通信量を契約して使用することができるので、とても便利です。

大手携帯電話会社からスマートフォンや携帯電話を購入すると、2年間は解約することができない契約になっています。

解約する場合には違約金を支払わなければなりません。DMM mobileでも違約金は存在しています。

データ通信だけのSIMカードであれば解約金などは発生しないのですが、通話機能を備えているSIMカードの場合には1年間は解約することができない契約となっています。

1年以内に解約しようとすると違約金が9,000円必要になってしまうことから注意が必要です。

しかし、大手携帯電話会社に比べると契約期間が1年短いので、利用者にとってメリットがあります。

DMM mobileの解約方法について

DMM mobileの解約方法について

DMM mobileは手軽に契約できるMVNOですが、解約するときにも簡単に手続きができます。

DMM mobileではsimのレンタルサービスですので解約手続き後にsimを返却すれば終わりです。

ただし、解約についてはいくつか注意点があります。1つめは最低利用期間についてです。

DMM mobileではデータ通信には1ヶ月、通話プランには12ヶ月の最低利用期間が設定されています。

これらの期間内の解約には違約金が9000円(税別)が必要となるので注意が必要です。

2つ目はデータ通信プランの場合に購入したデータ通信量についてです。

契約を破棄する場合でもデータ通信量の残りについては考慮されません。返金等が無いので注意が必要です。

DMM mobileは手続きがとても簡単なのでいつでも止められる安心感もありますが、実際の利用者の口コミを見ると止める人はとても少ないようです。

mvnoなので他にも多数のサービスがありますが、DMM mobileを選択した人の多くが継続利用を選んでいるようです。

継続利用を選ぶ理由は料金プランの安さの他に、回線の安定度もあるようです。

速度が速いとうたわれているサービスでも速度にムラがあれば使いづらいのですが、このMVNOは回線が安定しているので使いやすいと継続利用を選ぶ方が多いようです

DMM mobileの支払方法について

DMM mobileの支払方法について

DMM mobileとは、DMMが販売している格安のsimカードを使用して低価格でデータ通信を行うことができます。

携帯電話を使用しており、スマートフォンに機種変更したいが、月額の基本料金が毎月8000円以上してしまうことこら、機種変更出来ないという方も多くいます。

DMM mobileでは、NTTドコモのデータ通信網をレンタルしていることから、低価格でかつ高品質な通話やデータ通信を行うことができます。

毎月のデータ通信量を計算することによって、毎月の料金をあらかじめ決めることができます。

スマートフォンにしてもメールがメインで動画などを見ない人などは1ギガの660円で毎月利用することができるので、とても経済的です。

毎月の支払方法なども指定口座から引き落とししてくれるので、今まで使っていた携帯電話とかわりがないのでとても安心です。

また、スマートフォンとセットで購入することもできます。支払方法は、スマートフォンを24回払いにすることもでき、一括で購入することもできます。

simカードをシェアして家族で使用することができるサービスもあるので、子供がスマートフォンを持つようになっても、すぐにシェアすることができます。

DMM mobileはクレジットカード決済です

DMM mobileはクレジットカード決済です

DMM mobileの支払い方法はクレジットカード決済となります。

DMM mobileではデータ通信プランの他に通話プランも提供していることもあり、決済方法はクレジットカード決済のみになっているようです。

DMM mobileではsimをレンタルしますが、枚数は3枚まで追加で契約することが可能です。

mvnoでは追加のカード契約をあまり行っていないのですが、DMM mobileでは、支払いをまとめることでさまざまな利点が生まれます。

最大の利点としてはデータ通信量をシェアできる点です。

データ通信量は1GBから10GBまで用意されていますが、複数枚simを持てることで家族間で共有したり、端末ごとに用意したりと使い方がいろいろなパターンをとれます。

このような場合にデータ通信量がシェアできれば無駄なく通信量を使い切ることが可能です。

また、当月使い切れなかったデータ通信量については翌月末まで繰り越せます。

データ通信量の繰越に対応しているmvnoは珍しいのでDMM mobileを選ぶ方のポイントでもあるようです。

繰越は追加したカードについても対応されます。

また、通話サービスについてはカードごとに通話記録が出るのでプライバシーを守ることもできます。