OCNモバイルONEはなぜこんなに安いのだろうか

ocnモバイルoneはなぜこんなに安いのだろうか

プロバイダ大手として人気のOCNが運営する格安SIMのocnモバイルoneですが、他社の格安SIMと比べてもかなりの低価格帯です。今回はocnモバイルoneはなぜこんなに安いのかについてまとめています。

月額携帯使用料金が安いocnモバイルone

月額携帯使用料金が安いocnモバイルone

携帯電話サービスocnモバイルoneでは、携帯の電話番号を変えずに他社から乗り換えることができます。

契約中の携帯電話サービスで予約番号を発行し、ocnモバイルoneに登録して乗り換えることによって、月々の携帯電話利用料金が格段に安くなります。

その際にocnモバイルoneと契約したsimカードを差し込むと利用できます。

simカードには複数のプランがあり、インターネット通信と音声通信の両方を利用するユーザーだけではなく、インターネット通信のみ利用するユーザーも、それぞれにお得なプランがあります。

LTE通信にも対応しており、高速データ通信も可能です。

端末とSIMカードに加えて、初期設定のサポートのセットもお得です。

他社の端末を所有している場合、OCNでの下取りが可能です。

下取り価格はOCNのホームページに機種名を入力するだけで確認できます。

あとはOCNから送られてきた梱包材に入れ、郵送して申し込みをするだけなので、手続きはすべて家で行うことができます。

下取りを行った上でocnモバイルoneの端末とセットで購入するとさらにお得です。

また、OCN光サービスとocnモバイルoneをセットで利用することで毎月料金が割引され、最大5契約で、大幅に割引され、安い月額料金となります。

ocnモバイルoneが提供するプランを比較する

ocnモバイルoneが提供するプランを比較する

ocnモバイルoneが提供しているsimパッケージは、スマートフォンやタブレットによるデータ通信・データ通信と音声通話が可能なプラン・データ通信と通話アプリが利用できるプラン等があります。

ここではどのような違いがあるかを比較してみます。

データ通信は900円から利用する事が可能で、最も高速通信容量が少ないプランでも毎日100MBを上限としているので動画やアプリダウンロードをする以外には不便を感じる事はありません。

もっと高速通信容量を使いたいと思った場合は170MB/日コースや5GB/月コースに切り替えてみても良いでしょう。

音声通話はキャリアと同等の音質で通話が可能となっており、110や119といった緊急通報にも対応しています。

基本料は700円で無料通話分はありませんので、30秒あたり20円の通話料金がかかります。

通話アプリ付きプランはocnモバイルoneが提供しているアプリをすぐに使えるので、音声通話料金を節約したい場合におすすめです。

電話を受けた場合はプッシュ通知で教えてくれますので、常時アプリを立ち上げておく必要はありません。

なお、ocnモバイルoneを契約していれば毎月150円の基本料のみになります。

ocnモバイルoneの料金明細はインターネットで確認

ocnモバイルoneの料金明細はインターネットで確認

大手キャリアでは紙による利用明細書を発行していますが、最近ではインターネットから確認する方式を採用するところが多くなっています。

ocnモバイルoneは申し込みからインターネットですから、料金明細の確認もインターネットから行うのが普通です。

支払い方法もクレジットカードが基本ですから、インターネットで確認したほうが効率が良いと言えます。

口座振替ではインターネットからの解約ができないなど、契約内容によってはインターネットから手続きができない場合があります。

ocnモバイルoneではデータ通信専用simと音声通話付きがありますが、データ通信専用の場合にはインターネットから各種手続きができるようになっています。

ocnモバイルoneは一日単位の高速容量を選ぶことが可能ですが、他では行われていない特殊なサービスとなります。

使い方によってはメリットが有る一日単位のコースですが、ヘビーユーザーには適していない場合もありますので注意が必要です。

料金明細は紙でもらったほうが良いという人もいますが、資源の節約のためにもインターネットの利用明細を利用するのが最適です。

余計なゴミが増えませんので、色々な面でメリットがあります。

短い日数で簡単ocnモバイルone

短い日数で簡単ocnモバイルone

スマートフォンを利用するには携帯会社のインターネット回線を利用するための契約が必要で、その料金は今までの携帯電話に比べると高額になっているケースも多いです。

その高い金額をかけなくて済むように、携帯電話会社の回線を利用せず別のsimカードを利用して他の回線を利用するという方法があります。

その格安simの例の一つが未完ocnモバイルoneです。

ocnモバイルoneを利用することで、スマートフォンの通信費を抑えつつも、携帯電話会社の回線を利用するときと同様の機能を利用できるため、こちらを利用するという人もいます。

料金は一か月単位の日数で計算されますが、いくつかのプランがあり、そのプランごとに多少金額差があります。

これは一日で、または一か月で利用できる通信量の大きさや使うことのできる機能などによって生じる違いなので、どの程度あれば十分なのかなどを考慮して決めることができます。

申し込んでから利用できるようになるまでは日数がかかりますが、短い場合であれば二日程度で利用できるようになることもあり、比較的に短時間で利用可能になります。

そのため乗り換えたいと思った時にすぐ使い始めることができ、十分といえる利便性を持っています。

ocnモバイルoneの格安スマホの評判ついて

ocnモバイルoneの格安スマホの評判ついて

格安スマホの知名度はどんどん上がっていますが、特に、ocnモバイルoneは、大手プロバイダが提供元ということもあり、信頼度が高く、申し込みが増えているようです。

ocnモバイルoneの魅力は、なんといっても月額料金900円(税抜)から始められるということでしょう。

格安料金を提供するため、通信容量に制限を設けていますが、ここ1~2年位の間に、料金据え置きで、1日の基本通信容量が拡大していることも気になるところです。

以前は50MB/1日でしたが、70MB/1日にアップし、2015年4月から110MB/1日に拡大しました。

音声通話についても、データ通信専用プランが音声対応simコースも始まりました。

良い方向で改定されるのであれば、ユーザとしてはうれしい限りですよね。

またOCNには、以前から提供している公衆無線LANサービスがあり、ocnモバイルoneで、通信容量の制限を超えてしまった場合でも、大手ファーストフード店やカフェにて、快適なインターネット利用が出来るという特徴もあります。

ocnモバイルoneは、その他にもOCNのオプションサービスを利用することで、より快適なスマートフォン利用が出来るため、評判が上がっているのも納得です。

今後も更なるサービス向上を期待したいところです。

ocnモバイルoneの設定について

ocnモバイルoneの設定について

ocnモバイルoneの格安スマートフォンを検討中の方で、使い方がわからないので心配だというお話をよく聞きます。

確かに、契約したらすぐ使える訳ではありませんが、設定は難しいものではありません。

スマートフォンの機種に合わせた設定方法は、公式サイトのにもありますので、simカードが届く前に見ておくとよいでしょう。

simカードは、スマートフォンの機種によりサイズが異なります。カードを買う前に機種を決める方が無難です。

カードが届いたら、スマートフォンに差し込みます。

差込方法も機種によって異なるので、不明な場合は、インターネット等で調べるといろいろ出ているので参考になります。

設定は、契約時に届いた書面やはがきに記載のパスワードなどを打ち込むようになります。

カードを間違いなく認識すれば、音声対応の契約者は電話はすぐ使えるようになるでしょう。

データ通信の設定は、入力間違いがなければすぐ繋がるはずですが、どうしても利用できなくても、提供元が大手プロバイダなので、困ったら電話対応してもらえますので安心です。

ocnモバイルoneを使い始めたら、OCNのオプションサービスのIP電話や、公衆無線LANサービスも併用すると更に快適に利用できます。

ocnモバイルoneのsimが到着したら設定しよう

ocnモバイルoneのsimが到着したら設定しよう

ocnモバイルoneを利用するには、simカードの購入が必要です。カードにはサイズがあり、利用する端末で使用するカードのサイズに合わせて購入します。

カードの種類は、標準SIM、microSIM、nanoSIMとなっています。

順番としては、利用するスマートフォンの機種を先に決めてから、カードを購入するという流れになるでしょう。

カードはOCN、店舗、インターネットショッピングサイト等で購入することが出来ます。

OCN以外で購入した時は、ocnモバイルoneの契約時にサポートセンタに購入済である旨を連絡しましょう。

更にMNPも利用できるので、乗り換えの際、電話番号変更をしたくない場合はオペレータに伝える必要があります。

購入したsimカードの到着後、開けてみるとdocomoのロゴマークの記載があるカードが入っています。

ocnモバイルoneは、ドコモの回線を使ってデータ通信や通話を行います。

SIMフリーのスマートフォンかドコモの中古スマートフォン等にカードを挿入後、設定をします。

設定はIDやパスワード等を入力する程度のものです。OCNのホームページにもスマートフォンの設定方法の記載がありますので、契約前に一通り目を通しておくとよいでしょう。

ocnモバイルoneのエリアについて

ocnモバイルoneのエリアについて

ocnモバイルoneの通信可能エリアは大手携帯会社のエリアと全く同じです。

送られてくるカードも携帯電話シェアナンバーワンの会社の物が送られてきます。

ですので山間部でも強いと言われている会社なので安心です。

ただし、通信速度に関しては、ocnモバイルoneは大手携帯会社と直接契約をしているわけではないので、大手携帯会社と直接契約した場合より遅くなることが多いようです。

契約にも様々な種類がありますので、今までとは違い利用方法や料金を検討して購入することができます。

五月以降に発売の携帯(スマートフォンを含む)モデル(国がsimフリー化が義務づけられました)やsimフリーの端末であれば、問題なく利用できます。

またロックがかかった端末でも、送られてきたカードに書かれた会社のものであれば利用できます。その場合でもAPNの設定変更などが必要になる場合があります。

携帯エリアに関して重要なことは、その電話会社が提供している電波帯に携帯自身が対応しているかということです。

せっかく山間部に強い電波が出ていたとしても携帯がその電波を掴めないのでは、エリアを狭めてしまうことになります。

一般的に多く出回っているモデルであれば、問題ないと思いますが、わけのわからない格安モデルなどが出てきた場合には注意が必要になるかもしれません。

注意!ocnモバイルoneでも違約金が発生することがある

注意!ocnモバイルoneでも違約金が発生することがある

最近、安く携帯電話を利用できる仮想移動体通信事業者、通称MVNOが注目を集めています。

毎月の通信料が安いというだけでなく、従来の携帯通信会社でよくある2年単位の契約がない場合が多いというのも人気の理由の1つです。

しかし、どんな場合でもペナルティなしで解約できるわけではありません。

MVNOの1つであるocnモバイルoneの場合、次の2つに該当するなら注意が必要です。1つ目がWiFiルーターやUSB端末をレンタルする場合です。

これらの機器レンタルには2年間の最低利用期間が設定されています。

2つ目が音声対応のsimカードを契約する場合で、こちらには6ヶ月の最低利用期間が設定されいます。

いずれの場合も最低利用期間が終了する前に解約すると、数千円から場合によっては一万円を超える違約金が発生します。

逆に、機器レンタルを利用しない場合やデータ通信のみのsimカードを利用する場合は、違約金の心配をせずに気軽に始めることができます。

ここではocnモバイルoneの場合を説明しましたが、契約条件は事業者によって異なるので、他のMVNOを利用する場合は契約前に違約金に関する説明をしっかり読んでおいた方がよいでしょう。