今人気の格安SIMのおすすめってどれ?

今人気の格安SIMのおすすめってどれ?

ここ数年になって急激に人気をあげてきた格安SIMですが、かなりの数があり、どれを選んだらいいのかわからない!という人も多いでしょう。今回は今人気の格安SIMの中でのおすすめについてまとめています。

主婦には格安simがとてもおすすめ

主婦には格安simがとてもおすすめ

女性は結婚したり子供を産んだりすることで、主婦になるという人がとても多く、外出先でインターネットを使用するという機会がとても少なくなるのです。

特に子供がいる主婦というのは、自宅にいるということがとても多いので、自宅にいる場合は自宅のインターネット回線を利用してスマートフォンを使用しているという主婦がとても多いのです。

こういった主婦には格安simがとてもおすすめなのです。

大手携帯電話会社と契約をしていることによって、音声通話プランとインターネット使い放題プランに加入しなくてはならないという場合が多いのですが、自宅にいる時間が多い主婦にとっては外出先でインターネットを使用するという機会があまりないため、携帯電話会社のインターネット使い放題プランというのはかなり割に合わないということがあるのです。

こういった主婦は、現在使用している端末に格安simを入れ替えて使用することによって、月々の携帯電話料金を安く済ませるということも可能になるのです。

しかしこういった格安simは電波が悪いという場合がありますので、自分が使用する可能性のある場所での電波状況をしっかりと調べておくということがとても重要になるのです。

格安simが人気の理由とは

格安simが人気の理由とは

スマホやタブレット端末はあると便利ですが、やはり気になるのは料金です。

少しでも安いプランに乗り換えたり、キャンペーンなどを利用して料金を少しでも安くしようと努力していますが、それでもまだまだ高額だと感じている人も多いはずです。最近では格安simがとても人気です。

家電量販店に大量に置かれているので、購入する人も沢山います。

格安simが人気のある理由としては、月額1000円以下で利用できるものもあり、格安でスマホやタブレット端末が使用できることです。

電話などほとんどかけないならば、データ通信専用のsimカードを利用すれば、かなりお得な月額料金ですみます。

最近では、高速LTEに対応しているsimカードがほとんどなので、動画やゲームを楽しみたい人にも格安simは人気です。

音声通話対応の格安simでは、090や080の通話発信や着信、SMS送受信もできるので、他の携帯電話やスマホに比べてもとても使いやすいです。

転送電話のサービスや留守番電話サービスなどもあるので、利用するととても便利です。

格安simを選ぶ場合は、1契約あたりのsimカードの枚数もしっかり確認することが大事です。

複数枚のsimカードが使えれば、家族で利用する場合にはとても便利です。

格安simと大手キャリアの違いについて

格安simと大手キャリアの違いについて

携帯電話料金を少しでも安くしたいと思っても、どのプランを選べばいいのかわからないという人も多いです。

大手通信キャリアでスマホを利用する場合は、どのプランを選んでもある程度の費用はかかってしまいます。

そんな人におすすめなのが格安simを使うことです。格安simはスマホやタブレットに挿入して、大手キャリアの通信回線を通じてデータ通信が可能になるものです。

大手キャリアのスマホとの違いは、やはり月額料金が安いことです。

大手キャリアでは月額料金は7000円~10000円くらいかかるのに、格安simでは月額料金が2000円~3000円というかなりの低料金で使えます。

データ通信のみだと1000円以下で通信ができるものもあるので学生には人気です。

他にも違いとしては、大手キャリアでは2年縛りがあるので解約する時に高額な解約料がかかってしまいます。

しかし格安simでは、自由に解約ができるので自分に合わないようなら、他のsimカードに替えることもできます。

格安simは音声通話の有無や、データ通信量に関する選択肢が沢山あるので、自分のニーズにあわせて自由に選択できます。

しかし大手キャリア関連のサービスを利用できないこともあるので、しっかり確認してから購入することが大事です。

格安simの通話料はかなり安い

格安simの通話料はかなり安い

現在、多くの人が携帯電話やスマートフォンを使用しています。しかし、これらのデバイスは毎月それなりの費用がかかります。

そのため、できる限りやすい料金で済ませられないか悩んでいる人も多くいます。

そのような場合に、格安simはとても有効になります。格安simは大手のキャリアとは異なり、かなり安い料金で使用することが可能です。

例えば、通話はあまりせずにパケット通信を主に用いる人ならば、定額のプランとわずかな通話料だけで使用することができます。

また、定額プランは容量が細かく設定されているため、無駄を省くことが可能です。また、基本的にdocomoの回線が使用されているため、通信速度も大差ありません。

通話も同様に行えます。前払い式のものであれば、払った分だけ利用できるので、うっかり長電話をしてしまうことなどを防止できます。

そのため、結果的には通話料も自分の設定金額に抑え込むことができます。

また、格安simは2年契約などがないため、プランが気に入らなかったり、さらに良いものが出現した場合は容易に乗り換えることが可能です。乗り換えの際に事務手数料などがかかりますが、数ヶ月で元が取れます。

コストを抑えたい人たちにオススメです。

格安simの定額通話について

格安simの定額通話について

格安simを利用すると月々のスマホの料金を大幅に節約することができます。またスマートフォンを初めて持つ方にもとてもおすすめです。

端末料金込みの料金プランもありますが、はじめに端末料金を一括で支払った場合は月々の利用料金のみですみますのでとても安く感じるでしょう。

スマートフォンを持ちたいけれども高い料金は支払いたくないという人には通信制限がある場合もありますが、格安なプランがあります。

格安simを利用したプランは通話の定額プランがない場合が多いですので、通話中心の人にはあまり適応がないかもしれません。

普段メール中心で通話はもちろんスマホでゲームや動画を見る予定のないというライトユーザーこそ格安スマホを利用する価値があります。ガラケーの料金よりも安くなる場合もあります。

また自宅や外出先でwi-fi環境があるのならば、通信量を気にすることなく動画などを楽しむことができます。

あまり利用していないのに通信量が多いプランを契約している可能性もありますので、気になる場合は一度見直してみると良いでしょう。

一度契約を変更して料金を下げることができれば毎月の固定費を大幅に削減することができてとてもお得です。

格安simは比較がポイント

格安simは比較がポイント

毎月の料金が安くなる格安simですが、各社ともに色々なプランを提供しています。

エントリープランとなる3Gプランから5Gプランまではほとんど同じような内容となっているのが基本ですが、10Gプラン以上となると各社の提供するプランに違いが出てきます。

simカードが1枚だけの事業者もあれば、シェアプランとして複数枚のsimカードを利用できるなどサービス内容が微妙に異なってきます。

使用環境によって複数枚のsimカードが必要な場合もありますし、家族で使うこともできるため、使用環境に合わせて比較をする必要があります。

格安simはsimカードだけの契約であれば選び方が簡単ですが、端末とセットのコースでは端末の性能や端末の購入方法で違いが出てきます。

安い端末を一括購入する場合もあれば、利用料金と最低利用期間の制限を設定し分割払いで支払う場合があります。

分割払いで最低利用期間の設定がある場合、途中で解約すると違約金が発生するため、違約金を含めて比較することが大切です。

格安simとセットで購入できる端末は性能が低いものが多いため、長期間使うには厳しい状況もありますので、格安simは比較がポイントになってきます。

格安simカードの選び方について

格安simカードの選び方について

スマホや携帯電話は今や、小学生から高齢者まで幅広い世代の人が持つようになりました。中にはガラケーとスマホの2台持ちをする人もいます。

少しでも料金を安く抑えたいと思い、いろんな格安なプランに乗り換える人も多いです。

格安simを利用して、少しでも料金を抑えようとする人も増えてきました。家電量販店などは、今や格安simのコーナーがあるくらい人気です。

しかし、格安simはいろんな種類があるので、初めてだとどれを選べばいいか迷ってしまいます。

周りに詳しい人がいれば、その人に聞けばいいですが、そういう人が周りにいない場合は口コミなどで評価を確かめるといいです。

格安simの選び方としては、まず音声通話に対応しているカードかを調べることが大事です。

通話などはほとんどしないという人や、通話は無料アプリを使っておこないたいという人なら、データ通信専用のsimカードを選ぶといいでしょう。

データ通信専用の格安simカードなら、音声通話対応のsimカードよりかなり月額料金もお得になります。

動画を見たりダウンロードを沢山したいという人は、通信速度が早く容量の大きいsimカードを選ぶといいでしょう。

端末によっては使えないsimカードもあるので、しっかり確認してから選ぶことが大事です。

高速化した格安simでも低速になる時間帯

高速化した格安simでも低速になる時間帯

月額1000円から上の格安simの場合、通信速度を高速化出来るクーポンがついていて、それを使い切ってしまうと低速での接続のみになるというシステムになっていることが多いです。

このクーポンき繰り越しをすることが可能で、一ヶ月1メガバイトのクーポンであれば、最初の一ヶ月で高速回線をまったく使わなかった場合は、翌月、2メガバイトまで高速回線を使えるということになります。

ただ、格安simの場合、一つの回線に多くの利用者を詰め込んで低料金を実現させているため、回線が混み合う時間になると、高速化クーポンを使ってもあまり速くならない場合があります。

何時ぐらいが混み合うかというと、会社が昼休みになる昼の12時から1時頃です。

また、回線を使う人が狭いエリアにたくさんいる場合も回線速度が遅くなります。

たとえば、帰宅ラッシュの電車内などがそうです。

こうした場所では、携帯電話会社と契約したスマートフォンでも接続速度が遅くなってしまうので、クーポンは使わない方がいいでしょう。

使っても速度が上がらず無意味で、結局、使った分が損になってしまうからです。

クーポンを使うか使わないかというのは、mvnoのサイト、あるいはアプリが行えます。

格安simのポイントについて

格安simのポイントについて

最近は、かなり安い通信料でインターネット通信ができる環境が整いつつあります。

しかし、インターネットをいつでも、どこでも使えるようにするためには、端末を用意する必要があります。

端末については、条件としてsimフリーのスマートフォンやタブレットを用意することになります。

中には、格安simのスマートフォンやタブレットがありますから、それらを購入して、新たに通信会社と契約することになります。

格安simとどの通信会社と契約するかということについてのポイントとしては、自分がどのくらい通信を1か月で行うのかといったことを調べることが大事になってきます。

多くの通信会社では、1か月の容量によって、料金が異なってきます。

ですから、1か月の利用が2ギガバイトくらいであれば、1か月2ギガバイトの範囲の使用であれば、わずかな料金で利用することができる通信会社を選ぶことになります。

格安simを用意する場合は、より出費を抑えたいのであれば中古で購入するとよいでしょう。

最近は、多くの店舗でsimフリー端末がたくさん販売されていますから、特に型落ちのスマートフォンやタブレットであれば、かなり安く購入することができます。

ただし中古の場合は、品質のよいものを選ぶということが大事になってきます。