格安スマホを契約する前には速度の比較が必要

格安スマホを契約する前には速度の比較が必要

格安スマホで月々の携帯料金が抑えられたとしても、通信速度が著しく遅かったら全く意味がありません。今回は格安スマホを契約する前に通信速度の比較が必要な理由についてまとめています。

格安スマホの通信速度は比較が必要

格安スマホの通信速度は比較が必要

格安スマホは大手キャリアの回線を借り受けているわけですから、当然大手キャリアと同じ通信環境となります。

同じ通信環境とはいってもエリアが同じだけで、実際には通信速度が劣ったり通信の安定性が悪いといった現実もありますので、色々なmvnoを比較をして選ぶことが大切です。

格安スマホはたくさんの事業者が参入するようになりましたが、基本的には大手3社の回線を使用していますので、一部の事業者を除き端末とセットで購入する必要があります。

simロックが解除されていなくても使用できるのは一部のmvnoと端末だけですから、契約しても使えない状態が発生します。

格安スマホは料金が安いことでメリットがありますが、注意する部分もありますので、情報を入手することが基本となります。

速度に関しては大手キャリアの回線を借り受けているため、キャリアの回線に支障が出ない範囲で利用しているのが基本です。

ですから安定性や通信速度に関してはキャリアと同じ状況ではありませんが、実際に使ってみるまではわからないことも多いと言えます。

比較は利用者の口コミや評判を基に判断する必要がありますが、人によって利用環境が異なるため判断が難しい部分もあります。

PC並の高速回線が使える最近の格安スマホ

PC並の高速回線が使える最近の格安スマホ

かつては低速回線しか利用出来ない、選べる機種が少ない等のデメリットが多かった格安スマホですが、最近では既存のスマートフォンと同等、あるいはそれ以上の高速アクセスが可能となりました。

日本人の間でも格安スマホのサービスが、広く浸透し始めました。

その理由としてsimフリーのサービスが普及した要因があります。

既存のスマートフォンやTabletをそのまま、お得な料金プランに乗り換えられるsimは、正に現代人の気持ちを満たしてくれる存在です。

電話番号がそのまま使えるため、変更後も友達や家族、親戚の人々に忙しく変更のお知らせメールを送る必要がありません。

またパソコンだけだと、何かと不便な時代となりました。スマートフォンを持たないパソコンユーザーも、格安スマホでしたら低コストで高速アクセスのツールが持てます。

駅や街中でも、パソコン並の高速回線が使えますので、自宅で行ってきた時刻表検索やマップ検索が、手のひらで済ませられます。

旅行や出張時には、スマホやTabletが手元にあった方が何かと便利です。その度に機器をレンタルするよりも、格安スマホの契約をしておけば、毎月わずかなコストでネット環境を常時得られます。

格安スマホの低速通信で出来る事と出来ない事

格安スマホの低速通信で出来る事と出来ない事

データsimカードを挿すだけで毎月千円弱から使える格安スマホは高速通信と低速通信に切り替える事が可能となっていますが、低速通信では何が出来て何が出来ないのでしょうか。

一般的な格安スマホの低速通信は200kbpsに制限されますが、200kbpsであっても多くのサービスを利用出来ます。

閲覧が厳しくなるのは動画サイトの高画質バージョンであり、最も低い画質にしても途切れる可能性が高いので利用はあまりお勧めしません。

数十メガバイトを超えるアプリダウンロードも相当の時間を要しますので高速通信か無線LANを使う事をお勧めします。

低速通信でも全く支障が無い使い方は、通話アプリ・SNS・掲示板・メール・テキストが多めのニュースサイト等であり、通話アプリに関しては100kbps以下であってもほぼ途切れる事無く通話が可能です。

ビデオ通話に関しては画質が乱れたり途切れる可能性もありますので高速に切り替えると良いでしょう。

テキストが多めのニュースサイトは数秒で全文が表示されますのでストレスなく閲覧する事ができます。

このように上手に速度を切り替えれば不自由なく格安スマホを使えますので、まだ契約していない方は試しに使ってみてはいかがでしょうか。

格安スマホの回線のスピードに関して

格安スマホの回線のスピードに関して

一般的なサービスとの契約を解約し、格安スマホに移行するネットユーザーが急増中です。その現象の背景にあるのは、格安simの流行であり、ここ数年、大幅にサービス全体のルールが変更された結果、一個人でも非常に安価なサービスを利用出来るようになりました。

一般的なキャリア契約に比べ、格安スマホはその3分の1から4分の1程度の料金で利用可能です。

月々のランニングコストが大幅に安くなるのが利点でしょう。

また、普及当初に問題視された回線のクオリティも、現在では改善が施されました。

サービスの事業者によって誤差はあるものの、回線の通信速度は、20から30Mbpsと、平均的な数値かそれ以上の品質です。

またユーザーが意図して低速回線を求める事も可能です。低速回線をわざわざ選ぶメリットですが、それは料金面のお得にあります。

随時ネットを利用するヘビーユーザーでしたら、ハイスピードなプランが必須ですが、動画やSNS、音声通話等を楽しむ程度の用途でしたら、10Mbps前後のプランでも、全然問題はありません。

むしろ月々の契約料金が圧縮され、お得感が得られるばかりです。

自宅にネット用のPCがある方、あるいは別にネット用の端末を持っている方であれば、積極的に低速の格安スマホを持つ利点があるでしょう。

格安スマホの通信速度や通信エリア

格安スマホの通信速度や通信エリア

日々の生活の中で携帯代はサービスの向上と共に上がってきました。

現在1台のスマホを持つためにかかる費用が1万円を超えることも少なくありません。

そんな中今注目を集めているサービスが格安スマホです。

格安スマホはイオン等から販売されているsimカード使うことによって得られるサービスです。

一番の特徴は月々スマホにかかる費用が3000円前後と大手携帯会社に比べ安いのが特徴です。

スマホを扱う上で料金の次に気になる問題が通信速度と通信エリアです。

いくら安い費用でスマホを持つことができても電波が入らなかったり、高速通信が行えずダウンロードに時間がかかってしまったりしてはスマホとして使い物になりません。

しかし、格安スマホは大手携帯会社の電波を利用している場合が多く通信速度や通信エリアは大手携帯会社のサービスと同等程度の場合が多いです。

格安スマホにはメリットばかりではありません。スマホ本体の取り扱い種類が少ないため自分の欲しい機種のセット販売が行われていない場合も少なくありません。

そのような場合には、中古販売店から本体を探してきたりsimフリーの電話をネットなどで購入したりして使用する必要があります。

このような手間を不満に思わない方に格安スマホはエリアや通信速度に遜色ないためとてもお得なサービスです。

格安スマホは料金以外の要素も比較して選ぶ

格安スマホは料金以外の要素も比較して選ぶ

格安スマホは従来のスマートフォンよりも月額料金が安く、お手軽な金額設定が魅力的なサービスとして注目されています。

一般的にはsimカード対応端末かつ販売側から他者カードのロックが掛けられていない状況であれば、カードの脱着により複数の端末を使いまわせる仕組みとなっていますが、格安スマホのサービスは音声通話に対応するものとそうでないものに分類が可能なので十分に比較を行うべきです。

従来の090もしくは080から始まる電話番号の割り振り及び3桁の特殊番号を使用したい場合には、音声通話に対応したサービスを選択する必要性が生じ、データ通信専用のsimとは扱いが違う点に注意が求められます。

データ通信専用の格安スマホはIP電話の技術を用いて擬似的に通話を実現している理由から、3桁の特殊番号へ通話が不可能である他、音声品質や安定性が通信機能に依存しやすい特性を持ちます。

よって、回線が混雑している状況で使用すると品質の劣化を受けやすく、月額料金が安い格安スマホの場合は通信速度そのものが遅い例も考えられるので、料金以外の要素に着目しつつ契約しておくと安心です。

通信品質は通常時の速度と安定性に加えて月間における速度規制で決められる傾向にあり、多くの格安スマホは頻繁に大容量データのやり取りを行うとすぐに規制を受けてしまう結果となる点に気をつけて扱うのが望ましいです。

格安simサーチ