楽天モバイルのsimで格安スマホの運用を始めよう!

楽天モバイルのsimで格安スマホの運用を始めよう!

格安SIMサービスとして人気の高い楽天モバイルですが、携帯料金を抑えたいのであれば、楽天モバイルのsimでかなり節約ができるはずです。ここでは楽天モバイルの格安SIMの運用方法についてまとめています、

楽天モバイルのsimで格安でスマホが使えます。

楽天モバイルのsimで格安でスマホが使えます。

楽天モバイルの契約方法は2通りあります。一つは楽天モバイルで取り扱っている機種とsimを同時に買う方法。もう一つはsimのみを買う方法です。

後者の場合は今まで自分が使っていた機種を使い続けたい場合や、他に欲しいメーカーの物があった場合に選びます。

先に知っておきたい唯一の問題はキャリアメールが使えないことです。

しかし、代わりにGmailやYahooメールなどのメールアプリは使えますしLINEなども使えばコミュニケーションツールとしてのカバーは可能です。

データ通信料金の点で見ると他のモバイル会社と比べて楽天モバイルは月々の料金が格安です。

キャリアの会社ではデータ通信量がマックスの7ギガで契約した場合、約5000円位ですが、楽天モバイルでは同等のデータ通信量で通信速度も早いにもかかわらず約3000円位で安いです。

契約する通信量を低くすれば更に安くなります。また、通話料金の点では楽天電話は基本料金はないので使った分だけ請求されます。

家族割引などはありませんのでどんな人にかけても料金は発生します。

ただし、キャリア電話に比べれば30秒あたりの通話料金は安いですし、IP電話と比べると音声の乱れはなく安定しています。

無料で電話したい場合はLINE電話やスカイプなども活用すれば更に節約できるでしょう。

楽天モバイル機種変更 simカード

楽天モバイル機種変更 simカード

楽天モバイルへの機種変更で、注目したいのは、データsimです。カード、によって携帯電話の通話料金は、大きく変わるものです。

楽天モバイルでは、docomoのデータsimを使い、格安料金を実現しました。カードだけを購入する場合、初期費用は、3,000円で、特典を使うと、0円になります。月額料金700円で使えます。

端末とカードを購入する際は、初期費用、月額料金は変わらず、端末にある程度、初期設定がされており、簡単に行えます。ただし端末料金が別にかかります。

端末料金は、26,400円となっています。高速通信容量はともに、600MB/月までとなっています。

高速通信容量を消化後の通信速度制限は、最大300kbpsとなっています。

ただし、5GB超過時は速度制限がかかる場合があります。カードのご利用の流れは、楽天ブロードバンドデータSIMにお申し込み、カードの到着まで待ちます。

1から2週間ほどで届くので、(ただし在庫不足により通常よりも時間がかかる場合があります)利用する端末を用意して、カードをセットして、APNおよび接続アカウント(ユーザ名, パスワード)、認証タイプの設定を行うと利用ができるようになります。

圏外のリスクがない楽天モバイル

圏外のリスクがない楽天モバイル

ビジネスの出張時、何かとお世話になるのがスマートフォンやタブレットPCでしょう。パソコン並の機能を持ちながら、携帯性は抜群でサクサク気になるニュースや現地の情報が閲覧出来ます。

近年ではホテル自体に有線、無線のWi-Fiがある事も多く、個人で契約せずともネット利用は可能です。

しかし、個人でsimカードを契約しておけば、電車の中やタクシーでの移動時にも、快適に情報収集が進められます。

自宅のネット契約とは別に、楽天モバイルといった格安なサービスと契約しておけば、旅行や出張時にとても助かるでしょう。

気になるカバーエリアですが、楽天モバイルでしたら主要都市はもちろん、地方の街、郊外のエリアでも既存の大手サービス同様に快適な通信が可能です。

大手携帯電話のサービスと大差無く、それでいて維持費や端末のコストが安いため、節約を求めるビジネスマンにとっては、とても嬉しい契約先となっています。

いわゆる電波が全く拾えない圏外状態になるリスクはなく、余程の山中や森林などに立ち入らない限り、タブレットやスマートフォンは普通に使用出来るでしょう。

また楽天モバイル限らず、泊まるホテルの立地等によって一時的に圏外になる事はありますが、そういった場合は少し端末を持って移動すれば、再び快適に電波がキャッチ出来ます。

楽天モバイルには最新機種が勢揃い

楽天モバイルには最新機種が勢揃い

近年スマートフォンの使い方が大きく変化し、定額制が当たり前だった料金設定が、simを使う事でユーザーの希望に添った形で契約する事が可能になって来ました。

そのためスマートフォンを2台持ちという事も当たり前になって来ており、2台目の機種を購入する人も増えて来ました。

そのなスマートフォンの中でも楽天モバイルには最新機種がいくつか揃っています。

国内有名メーカーから海外メーカーに至るまでいくつかの機種が揃っていますので、希望に合ったものが見つかるでしょう。

そんな楽天モバイルではsimのみの契約も可能ですし、含んだ機種の購入も可能となっています。

過去に使っていたスマートフォンを使用したいという人にとっては、単体での契約で問題有りませんが、せっかくなので新しいスマートフォンも購入したいという人は是非セットで購入する事をお勧めします。

楽天モバイルの特徴はなんといっても月額525円からスタート出来る点では無いでしょうか。

非常に安価で始める事が出来ますので、購入する事へのためらいが少なくて済む事でしょう。

普段どれ程ネットを活用するかによって契約内容は異なりますが、あまり使わない人は525円からスタートしても良いでしょう。

スピードも一級品の楽天モバイル

スピードも一級品の楽天モバイル

格安simを購入して利用出来る楽天モバイルは、何と言ってもその料金の安さが売りです。通常のスマートフォンと比べてもかなり安く、データ通信だけなら千円以下という料金もある程です。

ただ安ければそれなりにデメリットはあると思いがちですが、楽天モバイルではそれがほぼ解消されているのです。

一番の気がかりは通信のスピードと言えますが、楽天モバイルは通常のスマートフォンに全く引けを取りません。

データ通信を使いすぎると速度制限がかかるという制約はありますが、それでも格安スマートフォンの中では相当なスピードと言えるでしょう。

口コミの評価も高く、動画サイトやアプリのダウンロードなど負担のかかるものでなければ、充分なスピードを発揮します。

格安スマートフォンのデメリットは、安い料金であるが故のスピードの遅さにありました。

しかしながら楽天モバイルはそのデメリットをクリアしている、まさに理想の格安スマートフォンと言えるでしょう。

この料金でこのクオリティならば、simを購入してフィーチャーフォンと2台持ちということも可能です。

加入者がそれ程多くない今なら、最大限の速さで利用出来るかもしれません。

また速度にとらわれることなく場所や時間帯を選ばずに使えるというのも、楽天モバイルの魅力です。

業界最安水準「楽天モバイル データsim」の魅力

業界最安水準「楽天モバイル データsim」の魅力

楽天モバイルは、あなたの使い方に合わせて選べる、通信速度最大200kbpsのデータ通信が容量無制限で使えるベーシックプランや、2.1GBから7GBの高速データ通信容量まで、様々なプランが提供されているのが大きな魅力です。

なんといっても、楽天モバイル データsimは用途に応じて、SMS(ショートメッセージサービス)の有無を選択できるのです。

フィーチャーフォンを持ちながら、スマートフォンを格安で利用したい方や用途はアプリやネットだけで十分、とにかく安くスマートフォンを持ちたいという方には、「SMS(ショートメッセージサービス)なし」がお勧めです。

そして、ゲームやSNSアプリを使いたい、通話とネットをフィーチャーフォンとスマートフォンで使い分けたい、あるいは通話はViberやLINEで済ませるので、電話は必要ないといった方は、「SMS(ショートメッセージサービス)あり」がお勧めです。

あなたの用途に合ったピッタリのプランが選べてしまうのが、楽天モバイルの大きな魅力です。

もちろん今回ご紹介したデータsimだけではなく、スマートフォンにも魅力あるプランや機種がそろっています。

あなたのモバイルライフを充実させたいなら楽天モバイルをおいて他にはありません。

楽天モバイルのsimカードのメリットとデメリット

楽天モバイルのsimカードのメリットとデメリット

インターネット通販でお馴染みの、楽天グループが運営しているMVNOモバイル通信サービスの提供を行っている楽天モバイルがその料金の安さから注目を浴びており、大手の携帯会社が提供をしている高速通信サービスを利用するとどうしても月々の料金が高くなってしまいますが、楽天モバイルが提供をしているMVNOモバイルサービスを利用することによって、月々の料金を大幅におさえることができます。

節約をしながらも快適で便利な高速通信サービスを利用することができます。

楽天モバイルにて、simカードのみを契約した場合には、4つのプランがあり、高速通信をあまり使わない方用のプランから10GBまでの容量を使うことのできるプランまであることから、使用容量に合わせてsimカードを契約することができます。

楽天モバイルを使用する際のメリットには、支払いの際に楽天のポイントが貯まるのでポイントを使ってショッピングを楽しむことができたり、通信サービスだけでなく通話料金も安くおさえることができるなどのメリットが楽天にはありますが、デメリットも存在していて、楽天のSIMカードを契約した場合には、あまってしまった通話量を次の月にくりこしすることができなかったり、シェアすることができないので、決められた通話量をその月ですべて使いきる必要があり、使いきらなければ無駄に料金を支払ってしまうこととなるといったデメリットがあります。

料金明細の確認に便利な楽天モバイルSIMアプリ

料金明細の確認に便利な楽天モバイルSIMアプリ

楽天モバイルの利用料金の管理に便利なのが「楽天モバイルSIMアプリ」です。

楽天モバイルのスマートフォン端末を購入すれば「楽天モバイルSIMアプリ」がプリインストールされていますので、すぐに利用することができます。

もちろん、simだけを購入して、すでにお持ちのスマートフォン端末にインストールすることもできます。

Androidの場合は、Playストアからダウンロードすることができます。i可能OSにも対応していてiOS 6.0 以降で動作します。

さて、この「楽天モバイルSIMアプリ」利用料金の管理には欠かせないアプリなのです。

データ通信料は定額なので利用料金を心配することはありませんが、通話料・SMSは従量課金なので、利用料金は気になります。

このSIMアプリを使えば、ちょっとした隙間時間に外出先で利用料金明細を簡単に参照することができるのでたいへん便利です。

請求年月毎に約1年間分の利用料金を参照することができますので、利用傾向も把握しやすくなっています。

「詳細を確認したい」、といった場合も秒単位で通話開始時刻と通話時間が記録されているので大変便利です。

SIMアプリをフルに活用して賢く節約しましょう。

楽天モバイルが4月から各プランとも大幅に容量追加

楽天モバイルが4月から各プランとも大幅に容量追加

ご存じのとおり、楽天モバイルは、業界最安値クラスの料金プランと業界トップクラスのサービス品質を提供しているキャリアです。

その楽天モバイルのサービスに2015年4月から、各プランとも大幅に通信容量が増加されます。

しかも、既存の楽天モバイルの利用者も含め、月額料金は据え置きですから、より大容量の高速通信サービスを楽しめるわけです。

気になる変更内容は次のとおりです。

【変更前】2.1GBパック【変更前】3.1GBパック 【変更前】4GBパック【変更前】5GBパック【変更前】7GBパック【変更前】10GBパック多くのスマートホン利用者の1カ月間に利用するデータ容量は、2GB以下と言われていますから、3.1GBパックでほとんどの人は十分なはずです。

しかも、「楽天モバイルsimアプリ」に高速通信切り替え機能追加が追加になりました。

このアプリを使えば高速通信のオン・オフが簡単に切り替えられるので、高速通信が不要なときは消費容量を抑えることができます。

このアプリが優れているのはそれだけではありません。

現在の消費量も簡単にチェックできるので、消費量を見ながらこまめに節約できるのです。

楽天モバイルなら利用料金を抑えながら、高速通信サービスをたっぷり楽しめるはずです。

楽天モバイルで対応しているsim

楽天モバイルで対応しているsim

楽天モバイルでは、音声通話タイプのものとデータ通信タイプの2種類に対応しています。楽天モバイルのsimを購入して、今現在使っているスマートフォンやタブレットなどを格安で使用することができます。

その前に、現在使っている端末が楽天モバイルに対応しているかどうか、simの大きさも併せて確認しておく必要があります。

大きさにはMini・Micro/Nanoの3種類がありますので。ほしいものが今現在使っているものより大きなものの場合は使用することができません。

いざ申し込みをする時には、3種類の中から選びます。データ通信タイプには、SMS対応のものと非対応の2種類があります。

それに加えて、音声通話タイプのものもあります。3つの中から自分の使用用途に適したものを選びます。

データ通信タイプのものは、いずれも080や090のような携帯番号を使うことはできませんが、音声通話アプリで通話をすることは可能です。

一番安く使うことができるものはSMSなしのものですが、登録情報の中にSMSが必要なアプリもありますので注意が必要です。

また、SMSなしのものは、通話なしの状態でいると「圏外」と判断してしまうので、自動で受信することができません。

そのため、常時接続しておく必要がありますので、バッテリーの消耗が著しいという点が唯一の欠点です。

格安simサーチ