格安SIMならどれくらい通信料が節約できるのか考えてみた

格安SIMならどれくらい通信料が節約できるのか考えてみた

格安SIMを使いたいと思う人の大半が月々の携帯電話の通信料を節約したいと思っているはずですが、実際に格安SIMに乗り換えることでどれくらい通信料が節約できるのでしょうか。

目次

格安SIMなら通信料をどれ程安くできるのか

通信料の節約なら格安simカードがおすすめ

月々のスマートフォン料金を節約したい、子どもにスマートフォンを持たせたいけど少しでも安くしたいという方は少なくありません。

スマートフォンはとても高価な商品であり、普通に携帯会社などで契約すると月々の費用も高く契約を躊躇してしまう方も多いです。

SIMフリーのスマートフォンで格安SIMの運用

そんな方におすすめなのが格安SIMでの運用なのですが、最近では普通の携帯会社でスマートフォンを契約するよりも中古ショップなどでSIMフリーのスマートフォンを購入して、通信会社が提供している格安SIMカードを活用されているケースが多いです。

格安SIMカードのメリットは数えきれない程存在しており、その中でも定額通信料を大幅に安くできるメリットが注目されています。

電話番号の取得も可能

格安simカードとして販売されているSIMカードのほとんどが大手携帯会社の回線を利用しており、080や090番などの電話番号も取得可能です。ただし、数には限りがあり、070番の電話番号になってしまう可能性もあるので確認が必要です。

プランも多種多様

また格安SIMカードを提供している通信会社では様々なプランを用意しており、通信速度が速いプランや通話料金を安くできるプランなど様々な種類が存在しています。

通信会社が提供しているSIMカードでは携帯会社のようにEメールアドレスを取得できませんが、スマートフォンは無料メールサービスのGメールなどを利用する事ができますのであまり問題はありません。

インターネット料金の節約にもなる

インターネット料金の節約には格安sim

最近では大手携帯電話会社でスマートフォンを契約すると、月々の料金がとても高くなってしまうということがあります。

しかし、最近では格安SIMを利用することで、月々の料金をグッと安くする事が出来るようになってきているのです。

自宅のwi-fi接続がある人は格安SIMを利用する

自宅でインターネットを契約しているという人は、自宅内でスマートフォンを使用する場合wi-fi接続を使用している場合が多く、携帯電話会社で契約をしている3GやLTEなどの回線は外出先でしか使用しないという人がとても多いのです。

自宅にいる時間が長ければ長いほど格安SIMを運用するメリットが大きい

自宅にいる時間の長い主婦などにおすすめなのが格安SIMを利用する方法なのです。

格安simを利用することで、月々のインターネットの料金をかなり安く済ませることができますし、インターネットだけではなく、通話もできるというプランで契約をすることによって、外出先でも今まで通りスマートフォンを使用することができるのです。

住んでいる地域によって繋がりやすさなどには差がある

しかし、自分の住んでいる地域や使用する場所によっては、電波が入らないということもありますので、電波の飛んでいる範囲や速度をしっかりと調べておく必要があるのです。

せっかく契約しても使用できないということになってしまったら無駄になってしまいますので、事前の下調べが重要になるのです。

格安SIM各社の公式サイト内で利用できるエリアなどもマップが公開されている場合があるので、契約前にそちらを参考に見るのが良いでしょう。

所有しているスマートフォンでそのまま格安SIMに乗り換える

格安simを無料の中古携帯電話で利用する

格安SIMと自分が所有している無料のスマートフォンなどを利用すると、一番料金の高いプランで契約をした場合でも月額料金が3000円程度となるので、大手キャリアで契約する場合の半額くらいの料金になります。

通信費は毎月かかるものなので、半額になると家計に対するメリットが非常に高く、ライトユーザーの場合には格安SIMを契約して今よりも安い料金でスマートフォンや携帯電話を利用した方がお得です。

キャリアの契約解除料の確認が必要

ヘビーユーザーの場合でも本体機種を持っている場合には乗り換えすることが可能なのですが、大手キャリアの場合は契約期間が2年間となっているので、契約解除料を支払わなければならない場合があります。

格安SIMに契約を変更する場合には確認をしてから手続きをする必要があります。

格安SIMを提供しているmvnoの契約は1年間というものが多いので、頻繁に乗り換えをするユーザにとって非常に便利です。

契約月であれば契約解除料は発生しないので必ず契約月を確認しておくこと。契約書などに必ず明記されていますが、わからない場合はサポートまで問い合わせてください。

SIMの仕組みを理解出来ていれば確実にお得になる

SIMの仕組みを理解しているユーザーにとっては人気となっていて、毎年シェアを伸ばしていて、半年で30%程度伸びているので将来的にはmvnoがスマートフォン市場の主流となる可能性もあります。

また大手キャリアでもユーザーの獲得のためのサービスなどが行われています。

格安SIMで無料通話アプリは利用出来るか

無料通話アプリは格安simでも利用出来るか

スマートフォンがガラケーにとって変わってきた理由の一つとして、アプリの存在があります。

アプリをインストールすることで、スマートフォンにもともと備わっている機能とは別の機能も使えるようになります。つまり、どんどん機能を拡張しているわけです。

アプリは個人で作っている人も多い

アプリは会社で作られることもありますが、個人が趣味で作っているというケースもあり、有料アプリを売っている個人が多額の売り上げを得るということも珍しくなくなっています。

では、スマートフォンのアプリではどのようなものが人気があるのかというと、たとえば、無料通話アプリが挙げられます。

アプリでの通話で通話料が無料に

これは、アプリをインストールしている同士であれば、無料で話すことが出来るというもので、電話代がかかりません。

なので、友達同士で同じ無料通話アプリをインストールしておけば、誰と話す場合でも通話料を気にしなくて済むのです。

格安SIMで無料通話アプリは問題なく利用可能

では、格安simで無料通話アプリを利用出来るのかということですが、通話自体にはそれほど回線スピードは求められないので、格安simの平均的な通信スピードでも使うことは可能です。

ただ、速くて安定している回線の方がよりクリアに会話が出来るので、家にいる時は無線LAN、外では格安simという風に使い分けるといいでしょう。

格安スマホは月々の料金をどれくらいにまで下げられるのか

格安スマホを利用する料金

格安スマホを利用する料金は、購入するsimカードによって異なります。キャリアで契約するよりも安くなることが多いです。

たとえば、最も安いものなら500円以下であります。

データ容量は安ければ少なくなる

ただ、利用料金を安いものにすると月々に使えるデータ容量が少なくなるので、メインスマホとして利用するのであれば多少のデータ容量が確保できるプランにするのが望ましいです。

主にメールやSNSを利用するのであれば、気になることはないと思いますが、スピードが遅いことは頭に入れておいた方が良いです。

LTE通信容量がどれくらいあるのかを確認する

LTE通信がいくらかついているものを選ぶのは良い方法です。

たとえば、LTEが2ギガから3ギガあれば、普通に使っているくらいなら特に困ることはないでしょう。

だいたいどれくらい使うのかを把握しておくと、安いSIMカードを選ぶことができます。格安スマホでやすくしたいというのであれば、やはり通信料金も安くしたいと考えるのは自然なことでしょう。

今現在使っている携帯キャリアのマイページで月々の利用データ容量が確認できるので、そちらで確認したうえで格安SIMサービスの契約プランを検討するのが良いしょう。

安ければ良いというわけではなく、自分の利用状況にあわせる

あまりにも安いものを選ぶと却って使いにくくなることもありますが、月々1,000円くらいならそこそこ使うことができます。

まず、1ヶ月にどれくらいの通信量があるのかを把握して、それに応じてものを選ぶとやすくできます。

用途に合わせて選ぶ格安スマホの料金プラン

用途に合わせて選ぶ格安スマホの料金プラン

SIMカードを交換して使う格安スマホのサービスは、料金が安いことに加えて料金プランのシンプルさでも高い評価を得ています。

携帯電話会社の料金プランのように数が多い上に違いがわかりにくいのとは異なり、自分の用途に合わせて選びやすいプランが用意されているからです。

現在契約している携帯電話会社のプランでどれに変更すればいいのかわからなくなってきた方は、シンプルな格安スマホに乗り換えるのがおすすめです。

自分の使用用途に合わせてプランを選択する

格安スマホの料金プランを選ぶ際には、まずは自分がどんな使い方をするのか把握するところから始めます。

例えばスマホを使うのがメールばかりで電話もそれほどしないというのであれば、データ通信のみのプランを契約すると料金の支払を少なくできます。

通信量もメールのやり取りのみであれば少ないので、プランの制限を超えることなく安定した通信が可能になります。

アプリやゲームをする人は大容量プランを選択

逆にアプリのダウンロードやゲームをするなどで毎月の通信量が多くなりそうな人は、たくさん通信できるプランを選ぶようにします。

料金は高くなりますが、割り当てられている通信量が多いので月末まで安心して使うことができます。

業者によっては通信量を分け合うことができるシェアプランも用意されており、それを活用すればより柔軟にデータ通信を楽しむことができます。

料金面で考える格安SIMの種類

料金面で見るsimカードの種類

最近では格安SIMの登場により、前よりもこの名前を聞くことが多くなってきました。

以前までキャリアにほとんど縛られた状態であったSIM情勢も競争の兆しが見えてくることになり、ますます混乱することとなりそうです。

最近一般に浸透してきたSIMカードと言えば、プリペイド型、2GB定額、月額1000以下の使い放題などです。

電話番号が付与されないSIMもあり

これらに総じて言えることは、電話番号が付与されないということです。通常キャリア経由で契約すると、電話番号が付与されます。

どちらかというとこれは電話番号の付与が主な契約なので当たり前のことなのですが、ここが大きな違いと言えます。

ここでの違いを考えると、料金面での違いも自ずと出てきます。

通信し放題のプランが必要なのかどうか

キャリアのパケットし放題のサービスの平均基本料は約5000円~8000円程度で、その他SIMカードの通信サービスと比べると大きく高いです。

その分得られるサポートの量も良いですが、ある程度の問題を自分で解決できる人にとっては必要ないものでしょう。

そこで、ある簡単な工夫をすることによってこのサポート料金の部分を安く抑えることができます。

電話専用プランも用意されている

それは、キャリアの契約に含まれるパケット系のサービスが一切無い、電話専用プランに変えることです。

それと同時にデータ通信用のプリペイド型などのSIMと併用し、多少の手間に目をつぶることができれば驚くほどに通信料金の節約ができます。

まとめ

今現在大手キャリアを利用している人の場合、格安SIMの運用を始めればほぼ100%月々の使用料金を抑える事が出来るはずです。

自分自身の現在のスマートフォンの使用用途を見直し、自分にあった格安SIMを見つけてください。

格安simサーチ