格安SIMの特徴と種類を理解した選び方

格安SIMの特徴と種類を理解した選び方

格安SIMは近年急激に普及しており、それに伴い格安SIMを提供している会社も続々と増えてきました。数多くある格安SIMの中から自分に合った一社を見つけるために、格安SIMの特徴と種類を理解した選び方についてまとめています。

ユーザーのニーズにマッチした格安スマホの選び方

ユーザーのニーズにマッチした格安スマホの選び方

スマートフォンを所有している人々は多く、二台目や三台目や家族用に購入する人がたくさんいます。

ユーザーのニーズに応じて、選択出来るスマートフォンの種類は増えていますので、ユーザーは好きなスマートフォンを購入する事が可能になっています。

自分に合った格安スマホを選択する

格安スマホを購入する時には、ユーザーのニーズにマッチした物を選択するのが最も良い事です。格安SIMの契約プランによって、フルスピードで使える容量は変わってきます。

また、無制限プランであれば、速度制限が行われていますので、ネット利用に十分な通信速度が確保出来るのかを確認しておく事が大切です。

格安スマホの選び方が大事

格安スマホの選び方によって、スマートフォンで出来る事は変わってきます。

キャリア製のミドルレンジレベルのスマートフォンと同等の性能を持っている機種も存在しますので、実際に大手家電量販店などの専用コーナーで確認をして購入する事が大切になります。

タッチパネルの操作性や感度の確認、搭載されているアプリの確認、端末のボタン類や端子の位置の確認などを行っておく事で、ユーザーに最適なスマートフォンを購入する事が出来るでしょう。

種類も豊富なので一番良いものを選ぶ

格安SIMの種類も豊富ですので、格安スマホで契約したSIM以外でも、他の業者のSIMを購入しておけば、予備としていつでも使えます。

格安スマホの違い:音声通話とデータ通信

格安スマホの違い:音声通話とデータ通信

現代の生活の中では必需品になりつつあるスマホですが、月々の料金を少しでも安く押さえようと、格安スマホを視野に入れている人も少なくありません。

SIMを差し替えるだけで自由に通信会社を選ぶことができて、大手通信会社と比較しても半値で使うことが可能です。

しかし、格安スマホは様々な料金プランが打ち出されていますので、どの会社で購入する方がお得か悩むものです。

SIMには2種類ある

格安スマホのSIMには、音声通話タイプのものとデータ通信タイプのものの2種類があります。

格安スマホを主にどういった手段で利用したいかによって、選ぶ種類にも違いが出てきます。

主に使う手段が通話の場合は、音声通話タイプを選びます。

2台持ちの場合はデータ通信タイプ

一方、2台目のスマホを持ちたい場合や、タブレットを持ちたい場合はデータ通信タイプを選びます。

音声通話のものは、携帯番号の090や080などが使えますので、大手通信会社と同じような使い方ができます。

一方、データ通信のものは、インターネットやアプリを使用することはもちろん、IP電話や無料通話アプリを使って通話をすることができますので、大変お得感があります。

バッテリーの消費が激しい

しかし、唯一の欠点は、常にアプリを起動していないと着信できませんので、バッテリーの消費が激しいことです。

また、LINEなどの通話アプリを新規登録する際にはSMS機能を追加する必要もあります。

格安スマホの特徴と種類の違い

格安スマホの特徴と種類の違い

格安スマホは安く利用できることが特徴ですが、端末には様々な種類が販売されています。

これまではほとんどが海外製の商品となっていましたが、国産の商品も登場し選択肢が増えてきています。

国産の格安スマホは割高

好きなSIMを挿して使うのはどれも同じですが、国産の格安スマホは割高になってしまうのが特徴です。

海外製の物がほとんどを占めているため、以前であれば回線の周波数に対応していない機種もありましたが、現在では国内大手キャリアの周波数を完全に網羅した端末が主流となっています。

それだけ海外のメーカーにも格安スマホ市場が魅力的だと判断している証拠と言えますが、中には特定の周波数にしか対応していないものもあるため、都市部と郊外では使い勝手が変わってしまう場合もあると言えます。

海外の周波数と国内の周波数は異なりますが、国内は周波数に関してもガラパゴス化している現状があると言えます。

全てのスマホの性能が良いとは言えない現状

格安スマホにもたくさんの種類が登場していますが、性能面ではそれほど良いとはいえないものが多いのも事実です。

大手キャリアの高性能な端末に慣れている人には物足りない機種もありますが、料金の安さと比較して選ぶ必要があります。

もちろん回線の種類が合っていることが条件となります。

格安スマホを使う時に生じる疑問

格安スマホを使う時に生じる疑問

格安スマホを使う時には、契約するプランとユーザーが欲しいと思っているスマートフォンが購入出来るのかという事を確認しなければいけません。

格安スマホは、SIMフリースマートフォンと格安SIMをセット販売していますので、安くスマートフォンを購入したい人にとっては便利な仕組みです。

この仕組みを利用する時に生じる疑問を解消する事で、安心して使えます。

支払方法はクレジットカード支払いが主流

多くの人々が感じる疑問の一つが支払い方法です。格安スマホを提供しているMVNOでは、クレジットカード決済だけに対応しています。

その為、クレジットカードを所有しているユーザーだけが使える事になります。

MVNOの中には、銀行振替に対応している所も存在しますが少数派です。

途中解約にかかる違約金

また、途中解約の時に掛かってくる違約金は、MVNOによって異なりますが、多くの場合、半年未満で解約を行った場合に、8千円から9千円ほどの違約金が掛かってきます。

SIMの形状は、端末毎によって違いますので、端末に合った形状のSIMを申し込む必要がありますので、注意が必要です。

格安スマホは、キャリアの同様のサービスよりも安い月額利用料金で利用出来ますので、ランニングコストを下げていく事が可能です。

格安スマホに乗り換える際の初期費用

格安スマホに乗り換える際の初期費用

料金の安さで格安スマホに乗り換える人が増えていますが、現在では大手キャリアからのMNPにも対応しているため、電話番号を変えたくない人にとっては便利な環境が作られています。

初期費用は変わらない

格安スマホにはSIMのみを契約する方法と、端末を分割で購入する方法がありますが、初期費用に関しては同じ内容となります。

事務手数料として3000円程度かかるのが普通ですし、MNPを利用した場合には大手キャリアにも手数料の支払いが発生します。

端末ごと格安スマホに乗り換える場合には分割で購入できるため初期費用の負担は軽くなりますが、simだけの契約では端末を購入する必要があるために初期費用が割高になります。

端末のみで購入すれば縛りがない

しかし端末のみで購入すると期間の縛りがありませんので、色々な機種を自由に利用できるメリットもあります。

選択によってかかる費用は異なりますが、毎月の料金は確実に安くなりますので大手キャリアと比較すれば経済的なメリットはあります。

自由にできない現状

格安スマホは借り受けるキャリアによって回線の周波数が異なるため、端末があっても自由に使用することはできない現状があります。

周波数帯を多くサポートしている端末を購入すれば格安スマホのメリットが高まります。

格安スマホの通信速度について

格安スマホの通信速度について

最近は家電量販店やスーパーなどで手軽に格安スマホが手に入るので、すごく人気があります。

月額使用料も大手キャリアの半分以下という安さなので、学生や主婦でも利用している人が多いです。

通信速度は速くサクサク見れる

動画や映画などをよく見る人は通信速度が気になりますが、格安スマホは通信速度もかなり早く、動画や映画も快適に見ることができます。

格安スマホは通信制限が1GBなどと少ない場合もあるので、インターネットを頻繁におこなう場合は、格安simで通信量が大きいものを選ぶといいでしょう。

格安スマホと格安SIMをセットで売っている会社もあるので、そういうセットを利用するとかなりお得に購入できます。

音声電話に対応していないものもあり

音声通話に対応していないものも多いですが、IP電話サービスや無料通話アプリを利用すれば通話ができます。

音声通話対応のカードは、少し料金も高くなりますが、SMSの送受信が可能だったり、緊急電話やフリーダイヤルへの発信も可能なので万が一の時も安心できます。

転送電話や留守番電話のサービスなどもおこなっている会社もあるので、とても便利です。

格安スマホは、大手キャリアのようにアクセサリー類が沢山ありませんが、あまりアクセサリーはつけないという人にはむいています。

通話アプリでの通話はデータ容量を消費する点に注意が必要です。

即日で格安スマホを使いたいなら

即日で格安スマホを使いたいなら

格安スマホを即日で利用したいのであれば、店頭で販売されている格安スマホを購入すると良いでしょう。

格安スマホは大手ショッピングモールや家電量販店で購入することができ、機種も色々と選ぶことができます。

購入したスマートフォンには必ずSIMカードが付いてきます。このカードの設定を行えば即日でスマートフォンを利用することができます。

マニュアル付きだから設定も楽

カードの設定についてですが、マニュアルが付属されているので安心してください。

スマートフォンの設定画面で行う設定ですが、誰でも簡単にできるようになっています。

カードの設定が終わり次第、ネットワークに接続できるようになり、サービスを利用できるようになります。

料金は購入した月単位で計算

格安スマホの料金は購入した月単位で計算されます。なので、1ヶ月全て楽しみたいのであれば、月の初めてに購入をすると良いでしょう。

即日で購入できる格安スマホは最近増えてきました。

最近はスペックの高いスマホも多い

それなりのスペックを持つスマートフォンが登場してきているため、インターネットを不便なく楽しむことができます。

サービスの質も向上しており、以前よりも多くの通信ができるようになりました。

月々の利用料金を節約したい人に、オススメなので、是非購入をしてみましょう。

格安スマホの本人確認書類について

格安スマホの本人確認書類について

格安スマホはSIMを購入して本体に入れることで通信ができる状態になるのですが、手続きが必要なので身分を証明することができる書類や本人確認としての保険証や運転免許証などが必要となります。

また場合によっては年収などを聞かれることがあるので事前にある程度の収入の情報を調べておくと便利です。

格安スマホも審査あり

格安スマホも従来のスマートフォンと同じように審査が行われているので、簡単に入手ができるわけではないのですが、プリペイド方式のSIMに関しては本人確認などは簡単に済ませることができます。

プリペイドのスマートフォンは1ヶ月程度で期限が切れてしまうのでそれ以降は使用することができません。

継続して利用する場合にはもう一度契約をする必要がありますが、ほとんどの場合は海外旅行に来た外国人観光客や日本に出張してきたサラリーマンによって利用されているので問題はありません。

容量制限もあるので注意

格安スマホは実際に使用してみると通信速度なども良好なので使いやすいのですが、容量をオーバーすると回線の品質が低下するので注意が必要です。

ヘビーユーザーの場合には3000円程度の定額の使いたい放題プランなどを契約すると回線のスピードが維持されます。

ライトユーザーの場合は700円から1000円のプランの契約で十分対応することができます。

データ容量は変更も可能なので、足りない場合は追加するのもあり。

格安スマホのデメリットについて

格安スマホのデメリットについて

格安スマホの一番のデメリットはやはりその通信量の少なさです。

一般的なLTE対応の物であれば7G前後の通信量を持っているのが当たり前なのですあ、格安スマホと呼ばれるSIMで1Gから2G前後の通信で通信量規制が入る事も珍しくありません。

但し2Gもあれば音声通話やメールなどはかなりの量が出来ますし、wifi運用なども同時に行えばそうそう超すことはありません。

使用用途に合わせて選ぶ

2Gで問題になる人というのは外で動画や音楽のダウンロードをおこなうという人が主になります。

他のデメリットとしては、キャリア対応のメールが使えないという物と音声通話が使えない、または料金指定が高額であるという物が上げられます。

両方とも会社によってはキャリアメールやIP電話などを使えるところがあるのですが、それは会社のサービスによります。

また逆に言ってしまえば、ネット回線だけ使えればよいという人や、電話は滅多にしないという人であればあえて電話機能がないsimを購入するのも手です。

スマホの性能はばらつきがある

契約ではなくスマホ側の問題なのですが、大抵の場合セットで売られている格安スマホは性能が中から下の物が多く、お世辞でも高性能とは言えません。

ですがその分値段も安いですし、気に入らないのであれば携帯を中古で購入してそれで運用するという方法もあります。

まとめ

自分の使用用途に合わせてしっかりと格安スマホを選べば、必ず今までよりも通信料を節約できるはずです。

色々な情報を比較した上で、自分に合った格安スマホを探してみましょう。