それぞれの使用目的にあった格安SIMの選び方

それぞれの使用目的にあった格安SIMの選び方

格安SIMと一口にいっても、ネットの通信だけのsimや通話がついているsimなど、たくさんの種類があります。ここでは、それぞれの使用目的に合った格安SIMの選び方について解説しています。

自分の使用目的にあった格安simの選び方

自分の使用目的にあった格安simの選び方

今日日ではsimも格安なものが出てきており、スマートフォンを月額料金が1000円あれば間に合うものも登場して来ています。しかしながら、プロバイダーから大手家電量販店等からも次々と発売されており、どれを選択すれば良いのか迷ってしまっても仕方がない程です。

それらの中から幾つかの基準に注目する選び方をすると、自分の求めている格安simを絞り込めるでしょう。それでは、チェックポイントを次に示します。一つ目は、徹底的に安さに拘るというポイントです。

しかしながら、安物買いの銭失いにならない為には、大手と呼ばれる業者から選択すると良いでしょう。二つ目はインターネットへの接続をする場合、どれくらいのデーター量の通信を行うのかを見極める事です。

一般的には、格安simは一定量までは高速通信が出来るけれども、その一定限度を超えると低速スピードへとシェイピングされる様になっています。

但し契約プランによってはこの一定量を上げたタイプもあるので、適切なプランを選択すると良いでしょう。

テキストベース等のWEBページを閲覧するだけで動画サイトを閲覧する必要が無いというのであれば、およそ50MBで200頁程度の記事等を閲覧出来ます。

三つ目としては、音声電話を必要とするか否かです。音声通話が出来るタイプの格安simでは月額料金が若干高くなりますが、ビジネス等の場合にはこの機能は欠かす事は出来ないでしょう。

しかし、プライベートで友人や恋人等とのやり取りはメールだけで良いという場合には、音声電話無しの格安simを購入すると良いかも知れません。

simカードと端末の仕組みについて

simカードと端末の仕組みについて

simカードは固有のIDが記録されたICカードの一種であり、電話番号とIMSIと呼ばれるナンバーを結びつけて通信を可能とする携帯端末のサービスで用いられます。

元々非常に小型でありながら、現在では標準・マイクロ・nanoの3つの大きさが主に使われており、装着の際はそれぞれのsimカードのサイズに対応したソケットが端末側で用意されていなければなりません。

カード側の固有IDと電話番号の組み合わせによって認証を行う性質上、カードに対応した端末であれば自由に使いまわせる仕組みとなっていて、simフリー目的で販売されている端末以外の大半は携帯電話会社側の不利益を考慮した特殊な対策が施されます。

一般的な対策としてはカードのロック機能が挙げられ、大手携帯電話会社の販売端末は他社のカードを使えないようにロックの仕組みを取り入れている可能性が高い為、simフリー端末として使用したい時は認証ロックの解除処理が不可欠といえます。

ロックの解除は対応機種であれば正式なショップで有料手続きの依頼が可能となっているので、格安simと呼ばれる月額2000円程度の安価なサービスを契約する事により、携帯端末を販売している会社のプランより安価で通信を行えるメリットが生じます。

キャンペーンを行っている格安simの利用

キャンペーンを行っている格安simの利用

スマートフォンを使う上で、インターネット回線の確保は大切であり、多くのオンラインサービスを使う際に重宝します。色々な回線が存在しますが、大手キャリアが提供している回線を使ったり、格安simを使ったりする事でオンラインサービスを使う環境を整えられます。

MVNOが提供する格安simは、高速な回線を使いますので、サイトの閲覧においては、サイトの表示が速く、ストレスを感じる事が少ないです。

しかし、MVNOの中には速度制限を行って、無制限に使えるプランを提供している事がありますので、ユーザーの用途に応じて回線を契約していく必要があります。MVNOでは、キャッシュバックキャンペーンを展開している事があります。

キャッシュバックキャンペーンを使うには、価格比較サイトなどで掲載されているネット広告経由で契約を行なう事で適用される事が多いです。

キャンペーンを行っている格安simの利用は、実質的に月額利用料金を下げる事になりますので、お得に格安simを使っていく事が出来るようになります。格安simを使う事によって、キャリアの回線プランよりも安くモバイルインターネットを使えるようになりますので、電話やメールやサイト閲覧などが中心であれば役立ちます。

mvnoの格安simを契約する方法

mvnoの格安simを契約する方法

毎月1千円~3千円程度の割安な金額で使う事が出来るmvnoの格安simが人気ですが、契約は思った以上に簡単に行う事が出来ます。

simカードが封入されているパッケージは家電量販店・ショッピングセンター・mvnoの各公式サイトから購入する事が可能で、自宅に届いたパッケージに記載された携帯電話番号・個人情報・クレジットカードの信用情報を登録すれば即日でインターネットをする事が出来ます。

mvno(多くの音声通話sim)によっては運転免許証のコピーを送付や登録サイトにアップロードしてからでないと使用が出来ない場合もありますので、事前調査をしっかり行っておく事が大切です。

MNP(音声通話契約の他通信会社への番号持ち運び制度)をする場合では、以前使っていた通信会社から次に使う通信会社への準備期間がかかる場合があり、特に契約更新が多くなる3月や4月になると混雑が予想されますので余裕をもって申し込むと良いでしょう。

各MVNOが設定しているおよそ3千円の新規事務手数料はパッケージ購入代金に含まれており(MNP移行料は別途必要で巣)、データ通信から音声通話契約にする場合は各mvnoが設定した手数料がかかります。

simフリーなら無料で使える

simフリーなら無料で使える

携帯、スマホを使う方法として、いま話題になっているのがsimフリーです。無料で毎月1Gバイト使うことができるシステムなどもありますし、好きな携帯、スマホの型や会社契約会社を選ぶことができるという意味でも、カスタマイズしやすいsimフリーのシステムは今とても人気があるのです。

通話をすることもできますし、もちろんアプリなどもいろいろと使うことができます。毎月の月額料金についても、様々なプランの中から選ぶことができて、使用の方法によっても細かく分けていくことができますので、損することなく使えて大変便利です。

simがつかえる端末の数も種類もかなり豊富になっていますので、仕事、プライベート、二台もちの際にも好きな物を選ぶことができます。

料金プランもかなり豊富ですので、いまの契約ですと使用状況によっては損をしてしまっていることもあるかもしれませんが、その心配がありませんのでお得な使い方ができておすすめです。

中には利用料金が月額1000円を切るというものもあり、受信用に持っていたいということであれば、こういったシステムを利用する方がメリットがたくさんあります。

まずは色々なものがありますので選ぶことから始めてみてください。

話題のsim制限なしのメリットについて

話題のsim制限なしのメリットについて

simとは、スマートフォンや携帯電話、タブレットなどで音声通話やデータ通信をするために必要なICチップのことで、電話番号などの契約者を特定する情報が記録されています。

以前は、国内の携帯電話キャリアが販売するモバイル機器には、一部の機種を除きほとんどsimロックがかかっていました。これにより、キャリア契約時に渡されるカードでは、その端末か、同じキャリアの一部の端末でしか使うことができませんでした。

しかし、海外ではキャリア間で使用する周波数や通信規格がほとんど違わないので、simフリーつまり制限なしが一般的です。

国内でもそういった制限なしの端末を使いたいという要望が高まり、2014頃から、simフリー端末と格安料金のプランを提供するMVNO事業者が飛躍的に増えてきました。

MVNOの提供するsimカードのメリットとしてはやはり料金が安いことが挙げられます。通信速度や月々の使用容量の制限はありますが、キャリアよりも安い料金プランになっていて、幅広い選択肢から、自分の使用方法にマッチしたものを選ぶことができます。

また海外旅行等の時に、現地のキャリアが提供するカードを入手することで、キャリアの海外ローミングサービスよりもはるかに安い金額で、自分のモバイル端末を使用することができるメリットもあります。

格安simでも通話定額が始まる

格安simでも通話定額が始まる

格安simカードでは、これまで通話定額プランはありませんでした。携帯の三つの大手キャリアでも、最近始まったぱかりで料金はどの会社も2700円で、他にも通信費が最低でも3500円、月額7000円はかかります。

ところが、格安simカードを提供している「NifMo」が通話定額プランを予定しているそうです。大手キャリアの半額程度での提供を予定していて、1,400円程度ぐらいになるようです。これは、IP電話での提供なので音質にこだわりがある人は、導入は難しいかもしれません。

また他にも、「NifMo」では色々なサービスを予定しています。一つは、スマホ写真が印刷し放題出来るプリントサービスで、これは無料ではないようですが写真を多く撮影して印刷をする方にとっては嬉しいプランになります。

他には、飲食店利用時の還元サービスがあり、対象となっている店舗で飲食すると料金が還元されるものです。お店によっては50%還元されるところもあるようで、これはかなりお得になっています。

現在のところ、この会社だけが通話定額を予定していますが、将来的には他の格安simカードを提供している会社もこのプランを取り入れ行く可能性は高いといえます。

量販店でsimを購入するメリット

量販店でsimを購入するメリット

最近では、スマートフォンを利用する事でビジネスやプライベートで非常に多くのメリットが生活にもたらされます。今までの大手キャリア中心の業界の勢力図から最近では、格安スマホという新たな分野でのサービスが開始されています。格安simは大手家電量販店等で販売しています。

使用方法は非常にシンプルです。購入したsimを手持ちのスマートフォンや、インターネットオークションや、中古店で購入した端末に挿入するだけです。

多くの量販店では専門のコーナーも設置されており、流通量も増えています。料金面で大変お得なのは当然ですが、従来までの大手通信会社との長期契約制度に抵抗があった方も多いと思います。そのような方には短期間での乗り換えが可能な格安simがおすすめです。

端末の性能が益々スピーディーに進化する時代には、自分にニーズに合った端末を短期間で買い替えて使いたいというユーザーは非常に多いはずです。このように使い方や利用期間に大きな制約のない、格安simはとても便利なサービスです。

これが今後の通信業界の大幅な規制緩和に繋がり、多くの消費者に対して有益なサービスとなる事の期待が高まっています。これから要注目なサービスです。

simカードは通販がお得です

simカードは通販がお得です

simカードは、電話番号を特定するための固有のID番号が記録された携帯電話やスマートフォンを通信するために必要なICカードのことです。simカードの形状は、端末によって異なるため、自分が利用している端末のカードの形状を確認しておく必要があります。

モバイル機器の多くは、通信機ののあるモバイル機器本体に、通信に関する情報が入っているsimカードを挿入して使用します。

サイズや通信規格が合えば、1枚のカードを複数の端末で共有したり、1つの端末で複数のカードを差し替えて使用することもできます。ただし、ロックがされている可能性もありますので、必要な場合には、ロックを解除する必要があります。

現在では、格安simと呼ばれるスマートフォンやタブレットで利用できる格安通信サービスがあります。これらは、携帯電話会社が提供しているプランと比較して、利用できるデータ量や通信速度に制限を設けるなどして、低価格で提供をしています。

しかし、ドコモなどの大手の携帯電話会社から回線を借りているため、低価格ではあるものの、高品質なサービスを提供することが可能となっています。格安simカードの購入に関しては、通販で購入することがおすすめです。

格安simサーチ