メリットの多い楽天モバイルに乗り換える利点と流れ

メリットの多い楽天モバイルに乗り換える利点と流れ

携帯料金の高いキャリアから楽天モバイルに乗り換える事はメリットが盛りだくさんです。ここではそんなメリットの多い楽天モバイルに乗り換える利点と流れについてまとめています。

メリット盛りだくさんな楽天モバイルに乗り換える利点

メリット盛りだくさんな楽天モバイルに乗り換える利点

楽天モバイルは今、非常に注目されているサービスです。

激安のコストで乗り換えが出来る点、即日で端末が受け取れる点、月々の維持費が他社に比べて格安など、個人のユーザーに嬉しい長所がたくさん存在します。

いま現在利用している番号から、楽天モバイルに切り替えられるのも、特筆すべき利点です。

simカードの契約によって、電話番号ががらりと変わってしまう事に抵抗感を覚える方々は少なくありません。

いちいち番号が変わっていては家族や同僚に報告するのが大変です。

その点、楽天モバイルでしたら番号そのまま、更に高速通信と増量された容量が存在しますので、スマートフォンをフル活用しているベテランユーザーでも、気楽に乗り換えが可能です。

通話料半額アプリ等と組み合わす事で更に費用対効果が現れ、既存の維持費の半額以下に、コストダウンさせられます。

お仕事やプライベートで、ネットや通話を頻繁に利用する方は、早めに話題の格安スマートフォンにきりえるべきです。

またスマートフォンに限らず、ノートパソコンやタブレット端末にもsimカードは差し込めますので、自宅から持ち出したい機器がある方は、別途楽天モバイルと契約してみるのもオススメです。

楽天モバイルを利用するまでの手続きの流れは?

楽天モバイルを利用するまでの手続きの流れは?

楽天モバイルは通販大手の楽天グループが提供している格安スマートフォンの一種です。

ドコモやソフトバンク、auの主要携帯会社はサービスが充実しているものの、料金が高い傾向にあります。

格安スマートフォンは主要3社の半分以下の料金で利用することができます。

楽天モバイルを利用するためには申し込みが必要になります。

まずインターネットで申し込みをして運転免許証などの本人確認書類を提出します。

申し込みが完了するとsimカードが送られてきますので自分で利用開始の手続きを行います。

初期設定が完了すると利用することができるようになります。

また、現在利用しているスマートフォンをそのまま利用して楽天モバイルに乗り換えることも可能ですが、対応していない端末もありますので事前に確認して、対応していなければスマートフォン本体も一緒に購入するようにしましょう。

楽天モバイルが提供しているsimカードには通話のできるもの、通話はできないがSMSは利用できるもの、通話もSMSも利用できないものの3種類あります。

通話のできるものはドコモの回線を利用して通話することができます。

通話はできないがSMSは利用できるものはSMS認証が必要なアプリを利用することで通話が可能になりますが、通話もSMSも利用できないものはデータ通信しかすることができませんので、楽天モバイルを利用する目的に応じた手続きを進めるようにしましょう。

いま楽天モバイルで評判のスマホは?

いま楽天モバイルで評判のスマホは?

楽天モバイルのスマホを代表する機種といえば、何と言ってもASUS ZenFone 5です。

その特長は、ハイスペックで快適動作することです。クアッドコアCPU+2GBの大容量メモリ搭載なので、フルHD動画の再生、ウェブブラウジング、ゲームなど、あらゆる操作がストレスなく、快適に行うことができると評判です。

格安スマホといえば、1GBメモリの機種がまだまだ多いのですが、ASUS ZenFone 5は格安にもかかわらず高性能を備えています。当然、simフリーです。

楽天モバイルのラインアップには記録装置8GBモデルと32GBモデルの2種類がありますが、十分にアプリを楽しみたいあなたには、ぜひ32GBモデルを購入することをお勧めします。

わずか3000円ちょっとの価格差で32GBモデルを購入することができます。

楽天モバイルは単に利用料金を節約できるだけではありません。

楽天グループが提供さまざまなキャンペーンで楽天スーパーポイントを貯める楽しみもあります。

貯まった楽天スーパーポイントは楽天市場でのお買いものやさまざまなサービスで利用することができます。

こんな楽しみがあるのキャリアは楽天モバイルだけです。あなたもそう思いませんか?

業界最安値が嬉しい楽天モバイルのお得プラン

業界最安値が嬉しい楽天モバイルのお得プラン

日本には、安かろう悪かろうといった言葉があります。

事実、ひと昔前までは多くの商品やサービスに該当する表現でした。

少々高くても我慢して高値の道具を買った方が結果的にお得だったのです。

しかし時代は進み、今では格安の料金ながらも上質なサービスを提供する企業が増えました。楽天モバイルもまた、その一つです。

企業間の競争が激化している事もあってか、近年ではsimカードの契約なども非常に安くなりました。

それでいて、安かろう悪かろうといった不都合が無く、通常の携帯電話契約と同じ品質のサービスが受けられるのです。

楽天モバイルは更に独自のキャンペーンや格安の料金プランを用意しているため、数ある格安simサービスの中でも、一際話題となっています。

安定した回線品質でありながら、業界最安料金でスマートフォンやタブレットが持てるため、2台目、3台目の契約にはとても適したサービスです。

仕事用にもう一台タブレットを追加したい、そういった方々はメジャーなキャリアよりも楽天モバイルを検討しましょう。

端末とタブレットやスマホがセットになった激安プランがありますので、端末の購入費が掛からず、他社で新たに契約するよりも、実質半額程度のコストに抑えられます。

店舗で楽天モバイルを申し込む時に必要なもの

店舗で楽天モバイルを申し込む時に必要なもの

楽天モバイルを店舗にて購入できるのは、東京の渋谷公園通りにあります楽天カフェと、仙台駅の東口にあります楽天イーグルスショップの2店舗です。

端末やsimカードは即日で受け渡しをしてもらえますので、楽天モバイル端末を購入したその日から利用が可能です。

店舗で手続きをする際に必要なものは、運転免許証や健康保険証もしくはパスポートなどの本人確認書類と本人名義のクレジットカードです。

楽天モバイルでは既に楽天会員として登録がなされていると、手続きがスムーズになります。

楽天ユーザIDとパスワードを使用することで、登録済みのクレジットカード情報をそのまま利用できるためお得です。

楽天カードを保有していたり、楽天市場でショッピングをしている人であれば、楽天IDとクレジットカードの紐付けを行っているケースが多いので、改めて手続きをしなくて済むのです。

他社で利用している携帯電話の番号をそのまま楽天モバイルでも利用する場合は、そのMNP予約番号も持っていく必要があります。

その際に有効期限は10日以上残っていなければなりません。

また、店舗ではデータsimの取り扱いは行われていませんので、オンラインにて手続きをすることになります。

楽天モバイルの設定方法はとても簡単

楽天モバイルの設定方法はとても簡単

格安simカードで知られる楽天モバイルの設定は主に2種類あります。

その2種類とはアプリを専用のアプリを使った方法と、そうでない方法で、どちらでもネットワーク設定を行うことができます。

アプリはストアより入手可能で、もちろん無料となっています。アプリでの設定では、まず楽天IDとパスワードが必要になります。

契約時に発行されたIDとパスワードを入力すると良いでしょう。

次にアクセスポイントの設定になります。

こちらはマニュアルに書いてあるので、それを入力すると良いでしょう。

後は保存ボタンを押すだけで完了になり、通信を行うことができます。

アプリを使わない方法でも、基本的に行うことは同じになります。

各端末によって画面が違うので、戸惑うことがあると思いますが、あまり心配する必要はありません。

 このネットワークの接続方法は楽天モバイルのホームページでも確認することができます。

ホームページでは画像付きで説明されているので、非常にわかりやすくなっています。

楽天モバイルのsimカードは他の企業のMVNOよりも比較的わかりやすく、誰でも扱うことができます。

初心者で初めてMVNOを使うなら楽天モバイルがおすすめとなっています。

楽天モバイルの速度規制とその解決策

楽天モバイルの速度規制とその解決策

大手各社が格安sim業界に相次いで新規参入し、それぞれに新サービスを展開して顧客の拡大を狙っています。

大手通販サイトで知られる楽天も「楽天モバイル」として新たに業界に参入しました。楽天モバイルとは楽天のグループ会社が他社の回線を借りて配信する格安の通話サービスのことです。

今までに楽天がデータ専用として提供していたsimカードを音声通話も低価格で使える格安のカードを展開しMVNOサービスとして打ち出しました。

これには4つのプランがあり各プランごとに容量が異なりますが、どのプランも3日間で一定量以上の通信を行うと速度規制がかかるようになっています。

4つのプランのうち「エントリープラスプラン」と「ライトプラスプラン」にはさらなる速度規制の条件があり、定められた通信容量を超えると2段階にわたり低速になってしまいます。

これには対策が講じられておりオプションサービスを申し込むことが可能です。

すると1日に限り上記の速度規制が解除されるため、1日限りの使い放題で使用することが出来ます。

うまく使えば毎月の携帯代を大きく削れるため、節約に貢献することは間違いないようです。

またショッピング業界では様々な顧客の喜ぶサービスを数多く展開している楽天のことなので、今後の楽天モバイルにも大きく期待ができそうです。

楽天モバイルのAPNの初期設定

楽天モバイルのAPNの初期設定

電化製品を購入して、その説明書をじっくり読むのが好きです。という人は少ないです。

特に携帯電話の説明書は分厚いというイメージがあります。

最近は、説明書がPDFになっているものも多いのであまり感じないかも知れませんが、PDFになったとしてもページはかなり多いです。

携帯電話を購入して初期設定をする場合、どのページを見ればよいのか迷うものです。

今はmvnoの会社が出している携帯端末が増えてきています。

これらの携帯端末を初期設定する場合、APN設定という、携帯電話をインターネットのネットワークに接続してデータ通信を行う際に必要となる接続先を指定する設定を行わなければなりません。

でも楽天モバイルの端末は簡単に初期設定出来ます。

なぜなら、『楽天ブロードバンド』というアプリを使えば自動的にAPNの接続先が初期設定されるからです。

使い方は、アプリをダウンロードし、sim電話番号とsim番号を入力し、ユーザーIDとパスワードを取得してログイン行ない、メニューからAPN設定の画面に進み、アクセスポイント名の画面の楽天モバイルを選択するならば、携帯端末が使用可能な状態になります。

mvnoの会社の中でも、楽天モバイルは簡単に設定行う事が出来ます。ぜひおすすめです。

お手持ちの機種を利用できる楽天モバイルの納期

お手持ちの機種を利用できる楽天モバイルの納期

他のキャリアで利用していた機種をそのまま利用することも可能な楽天モバイルは、利用したいプランによって価格が変わるため、お得に利用したい人に選ばれているでしょう。

通話料やアプリなど利用する機能は決まっているけれど、多くのキャリアでは基本料金はプランによって一律で変わらないものです。

利用したい分だけの料金で良い楽天モバイルならば、料金が掛かりすぎていると感じることは少ないかもしれません。

利用するためには、楽天モバイルでsimを購入する必要があります。

店舗だけでなくインターネットを利用して申し込むことが可能な楽天モバイルは、忙しくてなかなか店舗まで行けない人でも申し込むことができるのは嬉しいことですね。

そんな楽天モバイルに申し込んでみようと考えているけれど、納期が気になる人もいるのではないでしょうか。

申し込みが完了した時点で、納期に関してはメールなどのお知らせが届くので、安心して待つことができるかもしれません。

simのみの購入だと比較的早めに出荷されることもあるようです。

しかし、本体も一緒に注文した場合は、本体と共に全ての商品が届きますので、人気の機種を申し込んだ場合は、納期がかかることもあるでしょう。

楽天モバイルを使って複数契約を

楽天モバイルを使って複数契約を

日本では小学生ですら携帯電話を持っている時代になり、平均すると1人に1台以上の契約台数にある状況です。

しかし、必要に迫られて2台目の携帯電話を契約したはいいが、通信費が高く困っている人も多いでしょう。

そんな人たちにお勧めなのが、楽天モバイルを活用した携帯電話の複数契約です。

楽天モバイルとはMVNOと呼ばれる仮想移動体通信事業者の一つで、大手IT企業の楽天が提供するサービスです。

MVNOの特徴として、通常の移動体通信事業者よりも通信費が格安というものがありますが、これはもちろん楽天モバイルにも当てはまります。

楽天モバイルは通話もできて月々10GBも通信できる契約をしても、3000円を下回る契約内容となっており、2台目の携帯電話の料金としては非常に魅力的です。

さらに、simカードのみの契約をした場合、月々525円で契約可能と、通常の移動体通信事業者では考えられないくらい格安でスマートフォンを利用することが可能となります。

また、様々なキャンペーンが用意されており、契約段階で楽天スーパーポイントが貰えるため、楽天ユーザーにとっては2重に魅力的なサービスとなっています。

そのため、既に2台目の携帯電話を持っている人はもちろん、複数契約を検討中の人にも楽天モバイルは要チェックなサービスでしょう。

楽天モバイル機種変更(データ移行)

楽天モバイル機種変更(データ移行)

楽天モバイルのデータ移行が簡単にできます。「data transfer」を、インストールして連絡帳のデータ移行をするととても簡単にできます。

Zenfone5の操作をする場合は次の方法でできます。

まず、端末のメニューボタンをタップします。アプリ「data transfer」をタップします。

アプリが起動したら、Transfer Wizardをタップして次の画面が開けたら、連絡帳データを保存している製造会社を選択して、(分からないときや、ないときは、その他をタップして下さい。)保存されている端末名をタップして下さい。これで、Zenfone5の設定は、いったん終了です。

保存されている端末の操作をします。メニュー画面を開いて(設定)をタップします。

そして、「Bluetooth」をタップします。設定内にある、「Bluetooth」を、onにして下さい。

そしてデータを保存する端末の、「Next」をタップして下さい。

「Bluetoothペアリングの要求」が表示されるのでそれの「ok」をタップして下さい。

スキャンを行って、連絡帳データが保存されている端末が表示されたら、(星マークが付きます。

)タップして「次へ」をタップして下さい。連絡先というボタンが表示されますので、それをタップしてください。

注意書きが表示されますが「ok」をタップして下さい。

保存されている端末に連絡先の要求と表示されるので、「はい」をタップして下さい。これで移行が始まります。

そして、終わったら移行を終了させて下さい。

これで楽天モバイルの端末にデータ移行できます。楽天モバイルのデータsimにする事でこれだけ簡単にデータ移行ができます。