格安sim・mvnoの名義変更や契約プランの見直しまでを徹底解説

mvnoが提供している契約プランを見直してみる

mvno各社では多くの契約プランが用意されています。おそらく携帯電話の仕組みに疎い人から見ればかなり難解なプラン内容に見えるかもしれません。

ここではmvnoが提供している契約プランを見直してまとめています。

mvnoが提供している契約プランを見直す

mvnoが提供している契約プランを見直す

スマートフォンを有効活用するには、インターネットに接続しなければいけません。スマートフォンに適したモバイル回線を契約する事によって、スマートフォンは、インターネット上のサービスを色々と利用出来るようになります。mvnoでは、格安simを提供しています。

多くのmvnoでは、容量別にプランを設定していますので、ユーザーは用途に応じたプラン選択が可能であり、中には音声通話プランも存在します。

高速なネット回線が欲しい場合には、容量別プランを選択する事になります。

最近では、料金据え置きで1GB増量しているmvnoが多いですので、キャリアの回線プランよりも安く便利に使えます。

また、今まで使ってきた回線プランを見直すチャンスになっています。より安く使いやすいmvnoのプランに変更すれば、一層用途にマッチした回線を使えるようになり、月額利用料金を更に下げる事が出来るようになるでしょう。

mvnoの数だけプランがありますので、比較サイトなどを最大限に活用して、ユーザーに最適なプランを選択していくのが良いでしょう。

また、音声通話プランを契約しておけば、電話を利用出来るようになりますので、よりスマートフォンの使い道が広がります。

mvnoのsimカードの種類

mvnoのsimカードの種類

mvnoとは日本語にすると仮想移動体通信事業者の略で、自らの会社では通信網をもたず、大手通信キャリアなどの回線を借りて独自サービスを展開する事業者のことなのです。 その切り替えに使うのがsimカードなのです。

これは携帯電話などの端末に挿入されていて回線情報が入った小型のICカードです。 その種類はいくつかあり、標準、マイクロ、ナノという3種類のsimカードがあります。

このカードがなければ利用することができないのですが、利用する端末に合うかどうかは事前に確認をしておく必要があります。

mvnoから数多くのサービスが販売されていて、どのサービスを選択するかポイントになります。

ポイントは通話をするかどうかということと、容量となります。

もし別に携帯電話を持っているなら、データ通信だけのプランという方法もあります。これならかなり安く利用することも可能となります。

mvnoは回線を借りているということからある程度制限がかかっていることはやむをえません。

しかしその回線速度も安定して速くなっているのも事実です。

mvnoの最大の魅力である料金が安いということ、これに独自のサービスが付加されているので、自分好みのmvnoを選択するといいでしょう。

mvnoが提供する格安simを利用するメリット

mvnoが提供する格安simを利用するメリット

近年では、外出先でインターネットの利用をする人々が増えています。スマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末は、高機能で軽量化され続けていますので、オンラインサービスの利用に大いに役立っています。

スマートフォンなどでオンラインサービスやアプリのダウンロードなどを行いたい時には、モバイル回線の選択が重要になってきます。

国内には多くのプロバイダがmvnoとして格安simを消費者に提供しています。

mvnoが提供している格安simを使う事によって、色々な使い方が出来るようになっています。

データ通信プランだけではなく、電話を利用出来る音声通話プランも用意されており、キャリアで提供されているモバイルインターネットサービスと同等のサービスを安く利用出来るのが格安SIMを利用するメリットとなっています。

データ通信プランは、容量別に容量が設定されていますので、ユーザーは自分が普段使っているサービスなどによって、プランを選んでいくのが良いです。通話やオンラインサービスの利用などを行なう事によって、ユーザーのデジタルライフは快適になります。

mvnoは数多くありますので、選択出来るプランは、mvnoの数だけ存在していますので、ユーザーの選択肢は非常に広いです。

mvnoを利用するときの身分証明

mvnoを利用するときの身分証明

mvnoは通信インフラをレンタルすることで格安でスマートフォンや携帯電話などのサービスを提供しているサービスなので身分証明書の提示などや審査に関して甘いと思われがちなのですが、そのようなことは全くありません。

mvnoもsimを契約して月額料金を支払わなければならないので、支払い能力に関してしっかりと審査が行われます。

働いている人や配偶者の収入がある人は問題ないのですが、無職の人の場合には審査に通らない可能性があるので、通らなかった場合にはプリペイド式のスマートフォンの契約をする必要があります。

プリペイドと言うのは前払い方式なので支払えないということがないので、信用が基準以下の場合や短期的に必要になった場合に利用することができます。基本的には30日という制限があるので、それ以上の期間で使う場合にはもう一度契約を更新する必要があります。

プリペイド方式のスマートフォンの性能に関しては通常のものと遜色が無いのでメールやSNS、動画配信サイトなども楽しむことができますが、容量をオーバーすると回線の品質が低下するので注意が必要で、日本の場合には通常はLTE回線が使われているのですが、容量を超えた場合には3G回線になります。

店頭で購入できるmvnoの格安sim

店頭で購入できるmvnoの格安sim

スマートフォンは、この数年で非常に多くのユーザ層に普及しており、様々なメーカーから新機種が次々と登場しています。

内蔵されるCPUや搭載メモリも大容量となり、パソコンとくらべても遜色の内容なスペックを持つものも少なくありません。

しかし、大手携帯キャリア会社では、スマートフォンユーザー向けの料金プランを相次いで改定し、従来の使い方では月々の携帯料金が上がってしまうということも少なくありません。

そこで、携帯料金を節約する方法として、mvnoの格安simの利用が挙げられます。

mvnoは、大手キャリアが持つ通信網を借り受ける形でサービスを提供しており、LTEに対応するものもあるなど、大手携帯キャリアと遜色のない通信を行うことができるのが魅力です。

データ通信だけでなく、音声通話やSMSも可能となっており、MNPを利用することで携帯電話番号を変更せずに導入できるのも大きな利点です。

mvnoの格安simは、大手量販店などの店頭で手軽に購入することができ、インターネット上の専用サイトで登録を行うことで、その日からすぐに使用することができます。

利用できる通信容量も自由に選択することができるため、自分の使い方にあったプランを選ぶことができるのが魅力です。

mvno事業者と契約のみで通信端末を利用する

mvno事業者と契約のみで通信端末を利用する

スマートフォンやフィーチャーフォンなどの携帯端末は通話やデータ通信などの通信機能を利用するためにはsimカードが必要です。

携帯会社の提供している端末はロックがかけられており、その端末でしか使用することができませんでしたが、現在はロックのかかってないフリー端末も発売されているため1つのカードで複数の端末が利用することができるようになっています。

カードの制限がなくなれば料金の高い携帯会社ではなく、料金の安いmvno事業者を利用したいと考える人も少なくないでしょう。mvno事業者は携帯会社と比べて基本料金が非常に安く、現在の携帯料金の半分以下になることもあります。

mvno事業者によって料金やサービスの内容は異なりますので、自分に合ったmvno事業者を選択するとよいでしょう。

フリー端末を所有していれば契約するだけでお得に利用することができるようになります。所有していなくともmvno事業者はsimカードのみではなく端末も販売していますので端末も一緒に契約すれば大丈夫です。

また、乗り換えを検討している場合は、現在利用している端末にロックがかかっていても、料金はかかりますが携帯会社にロックを解除してもらうこともできます。

mvnoの名義変更について

mvnoの名義変更について

mvnoの名義変更は基本的には手数料が必要なのですが、家族間で名義変更をする場合には無料である場合がほとんどなので、購入して契約手続きをした店舗にいって身分証明書や本人確認の書類を提出すると名義を変更することができます。

しかし他人との名義変更に関しては様々な問題があるので、本人確認や審査、手数料などが必要となります。

mvnoは一般的には格安スマートフォンという印象があるのですが、simなども提供しているので中古のスマートフォンを安い価格で手に入れて、それに合うサイズのsimを購入することで使用が可能になります。

SIMというのは電話番号などの1つしか存在しない番号が記録されているICカードで、これに記録されている電話番号がないと音声通話やSMSなどを利用することができません。

契約をする場合には音声通話が必要な場合は月額700円くらいの料金でSMSのみの場合は150円程度の価格でレンタルをすることができるので、自分の用途をしっかりと考えてから申し込むことが大切で、1度契約をしてしまうと1年間は解除することができないのでスマートフォンの機能の中でどれが必要かを考えてから手続きをして申し込む必要があります。

mvnoが提供する格安simの問題点

mvnoが提供する格安simの問題点

mvno各社が提供するいわゆる格安simは、データ通信をあまり使用しないユーザーにとっては価格面において非常に魅力的ですが、色々と問題点もあります。

mvno各社は大手キャリアから余っている通信トラフィックを定量で借り受けているます。

そのため、simカード1枚あたりの速度を抑えれば、それだけ多くのカードを提供できることになるわけですが、速度が遅いとどうしても、速さが必要な動画ストリーミングなどでサービス品質が低下してしまいます。

さらに、大手キャリア側の通信品質が優先されるため、通信が混雑する平日正午頃の時間帯では、大きな速度低下を起こします。その他には、サポートの対応が悪い点も挙げられます。

これはmvno各社間で価格競争が行われていることもあり、サポート業務に十分な人員を配置できないためです。

また、申し込みを行ってから契約書類やカードが届くのが遅い、キャンペーンやキャッシュバックが受けられなかったというケースもあります。

ただ、速度が遅い点を除き、これらはすべてのmvno業者に当てはまる訳ではありませんので、購入前には各社の評判を調べることが必要です。今流行のmvnoですが、このように色々と問題点があります。

大手キャリアの方が明らかにサービス品質が高く、安心感はありますので、月額料金に不満の無い方は、無理に検討する必要はありません。

格安simサーチ